馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 里守人おじさんず- 2014/10/20 -

Category : BLOG

朝いちばん
棚田の石舞台目指して山に入る。
主催のヒロクラフトさんの家の脇に山の棚田へ続いている道の入り口がある。
そこから参道がはじまっている。
朝いちばんに来ているのに、すでにきれいに掃き清められているのだ。

これはこの梅平地区のヒロクラフトさんが言うところの梅平里守人のおじさんず。

4回目になる今年、毎年顔をあわせる棚田の持ち主しげるさんの同じラインにいる気がするおじさんずが3人いらっしゃるのだが、しげるさん含めこの方達がなんだかすごい。

こんな風に山の棚田にお客様を招くというのは初体験である、その第一回目から、お客様が気持ちいいように。
危なくないように。
楽しく聴けるように。
その一心で、人の田んぼの参道を数日前から、たぶんもっと前から。
草刈り、薮払い、当日朝は神社の参道ばりに掃き清められているのだ。

そして第一回目から、コンサート後に私にそれぞれのおじさんずが、終わった後に、これだけのお客さんが来たんだからゴミの一つも落ちているだろうと、目を皿のようにして意地悪いくらい探したけど、どんな小さなゴミも落ちていなかったんだよ!
と嬉しそうに教えてくれたり、

お客さんがね、気持ちよく棚田にきて、気持ちよく聞いて帰ってくれるのが何より嬉しいんだよ。
とか
みんな帰り道、ほんとうに今日は来てよかったねーと誰もが言っていたよ。誰一人文句らしいことをいってなかったよ。と嬉しそうに報告してくださる。

私にはこのおじさんずが天使のように感じるのですが。笑
守護天使かな。梅平里守人だから。

この山の棚田は不思議なくらい音が伸びて美しく響く。
馬頭琴は完全に生音だが、私は自分の音が山の上でどんな風に聞こえるか聞いた事はないけれど、弾いていてホールのように音が返ってくるとかでもなく、普通の野外のように散って消える感覚でもなく、本当に伸びていくのが感覚としてわかって面白い。
その音に対してどうやら自然が反応してくれる。

毎年お客さんが、この曲のときにトンビが舞っていたとか、この曲で赤トンボがいっせいに出てきた、とかこの曲で風が後ろの森を順番に吹き渡っていたとか。いろいろ教えてくださる。

この場所は音が不思議に作用する。そこにはどうもはじめっからこのおじさんず以下沢山のおじさんずに繋がる人達のあたたかい気持ちが作用している。

私は毎回日の出の朝いちばんにこの参道を通って棚田の石舞台にお参りする。

静かに棚田の中で今日どのように音を巡らせるかイメージする。
それができるのもこの参道のおかげなのです。

20141020-184150.jpg

 山形の夜は川の底- 2014/10/15 -

Category : BLOG

山形の夜
結果、原住民カッパ会議。笑

アースマンシップを主催する岡田さん夫婦とそのお仲間と、山の中のそもそも人が手を加えたために滞ってしまった場所を整備して、空気の流れを作る事で水の流れを復活させ、その流れの浄化作用を利用して、溜まっていたものを流し、最終的には光のさす爽やかな場所に再生する様を見せてもらい、すごいな〜と思いました。
管理するのではなく、お手伝いする。

山形の家は私が高校時代三年間寮生活をした学校のすぐ近くにあり、そこにアースマンシップの方達と泊まり、その家の隣の家族と、高校時代の村の先輩とが集まり、子供の頃何したかって、川に潜ってたよなーっていうカッパ話しをひたすら。
滝に巻き込まれた経験や、大物を見つけた瞬間の気持ち。
深い所で息をひそめていると、このまま息をしなくてもいつまでも大丈夫と思えてしまう感覚。
カジカや岩魚の話し。
デカイ鯉がいたこと。でも鱗がかたくて突きがささらなかったこと。
大物の鯉は目をゆっくりふさいで、横から抱き寄せてとるということ。
聞きながら、水ぞこの不思議な青い世界に。

そしてアースマンシップの岡田さんの話はほぼ人生の流れを語ってもくださったので、ここで簡単に紹介するのが難しいのだけれど、あらゆるサバイバル術、ネイティヴアメリカンの知恵、グランドファザーを書いた著者との出会い、山や川でもしこんな事があったら、感覚を開くということ。
というその場の誰もが身を乗り出して聞き入ってしまう不思議な時間でした。

この地域に暮らすおじいちゃんおばあちゃんの知恵がどんどん失われていく実感と、川での遊び方を子供達に伝えられていない事とか、この原住民カッパ会議でもって、次回、なんか手がないものか・・・笑

アースマンシップさんの紹介文がありましたので、興味ある方は写真の文章を読んでみてください。

あるいはホームページ
www.earthmanship.com/
もしくはフェイスブックページでアースマンシップで探してみてください。

20141015-091057.jpg

20141015-091112.jpg

20141015-091127.jpg

20141015-091149.jpg

 再び生きる- 2014/10/10 -

Category : BLOG

本日は昔の着物をドレスにデザインする小林栄子先生のところへ

棚田コンサートでお披露目します衣装のうけとりに。

すごい。存在感が違うな。この衣装を着るとすごく軽いのに着ていないのとは明らかに違う、守られているような、不思議な感覚。この衣装で馬頭琴を奏でて棚田に吹く風とどのような模様を描き出すのだろう。とても楽しみです。

昨日の古柳さんと語ったことと、今日小林先生と語ったことと、チームであっても一人であっても大事なのは和の心を理解して表現すること。
それは日本の形ある伝統という意味での和でもあるわけですが、それよりも心としての和。
協調やハーモニー。
ちょうど昨日古柳さんとネイティヴアメリカンのホワイトバッファローの伝説の話をした時に、調和、ハーモニーで世の中を形作ること。というメッセージ。そのまま和の心でもある。

異質なものも外来のものも取り入れ調和させる。それは古くから日本が得意にしてきたこと。

和を伝える古柳さんにしても小林先生にしても、私はモンゴルの民族楽器である馬頭琴を使うわけなので、絡むのが難しいとか、文化が違いすぎるとか、筋が通っていないとか、ありますけれど。笑

もともとそんな風にいろいろなものの混ぜ合わせが見事に調和しているからこそ日本らしいものが受け継がれて形になっているのかもしれません。

ふと電車の通り道でもあったのでお不動さんのお護摩たきに。

太鼓の腹に響く音はお不動さんで聞くと、断ち切る。そんな風に感じます。

小林先生から面白い話を聞きました。和の庭園を世界中でも作る方が、小林先生に、好きでやってない。好きでやってたら没頭しすぎて埋没してしまう。冷静に、客観的に見れなくなると。

そういうことはあるなー。と自分を振り返る。自分よがりにならないこと。そういうものを断ち切る音が、腹に響くのですが、同時に優しいのです。
ふと思いたって、受け取った衣装をお護摩にかざしていただきました。

小林先生が、この衣装は大正、昭和、現代の3つの布を使っているのよ。その時代を生きた女性が何かのお祝いでその柄をオーダーし、しげるさんが代々受け継いだ棚田という舞台で再生する。

20141010-142525.jpg

 馬追いのひとびと- 2014/10/09 -

Category : BLOG

今日は馬の話をあちこちでたくさん話した気がします。
午前中は千葉日報さんの取材で、はじめは普通に馬頭琴を何故はじめたのかというようなものだったのが、

チャリティーCDの話から震災の話になり、そこから話はいろいろなところへ。

千葉の人達が震災でとにかくどこかに手伝いにいこうと、とりあえず決めたのが相馬。いってみたら相馬の人達が本家が助けに来てくれたと大歓迎。千葉の人達はなぜか理由がわからず。

相馬の人達によれば、その昔千葉の千葉氏が馬をたくさんもっていた。千葉は松戸や八街、富里など、野生の馬を追い込む地域で、その馬を放牧していた地でもある。

そしてその馬を戦にたくさん提供したので新しく土地をもらいうけたのがあちこちにあるらしいのだが、その一つが相馬。千葉氏の子孫がたくさん移り住んで相馬に根を下ろしていた。相馬の馬追い祭りはその千葉氏ゆかりのものだという。

馬好きのため、相馬の馬追い祭りはいつか見てみたいと思っていたら、千葉とそんなゆかりがあるんですね。ちなみに今度津軽三味線とのコンサートでは相馬節も津軽三味線と馬頭琴のデュオでやります。

ということでなんだか、相馬とのご縁がある気がします。

午後は車をすっ飛ばして八王子の車人形さんの稽古場へ。

前回、車人形の五代目西川古柳さんの公演を見に行って終演後、お会いしたらば、あーその顔はなんか企んでるでしょ!と言われました。笑

実を言うとあの時点では企んでなくて、やりたいな〜という淡い想いだったのですが、古柳さんがいたずらっぽい目でニヤリと言ったので、あ、企んでいいんだ!と思ってしまいました。

ということで企んで持ち込みました。

古柳さんはあさってからメキシコ公演だというのに。話してるそばからそれを汲み取るのと展開させるスピードが速い速い。

そんなにいとも簡単に決めていいんですか?と気持ち良くなるくらいです。

でもこの感覚が舞台づくりに生きてくるんですよね。先日市川染五郎さんと急にやることになって半分しか内容知らないのに舞台に出た話を聞きました。終わり方知らないってすごすぎる。芝居で。笑

この舞台にかかせないもう一つの人材探しはこれからです。

写真は先日おとなの日経OFFという雑誌に古柳さんが掲載されていたので持っていってサインなんかしてもらいました。サインなんかしてどうすんのよ〜?慣れてないよこんなの。と笑いながらしてくれました。笑

20141009-190707.jpg

20141009-190721.jpg

 嵐を呼ぶ龍は女性でした- 2014/10/06 -

Category : BLOG

嵐の今朝、この真っ只中を会いに行くことになったんだから、嵐を呼ぶ女性だわ。などと思いながら、車で東京へ。

東京に着く頃にはすっかり晴れ、富士山がやたらにきれいなのと、隣の車線の車が横転していて渋滞になっているのと見ながら東京に着いた頃には風も収まり晴れ。

彼女とは数年前に九州のコンサートの時に聞きにいらしていて、お会いしたのだけれどその時は確かエッセイスト。

いつの間にか企業コンサルタントになっていて⁇と言葉自体についていってなかった私が、この一年ほど彼女に会いたいと思うようになり、まあ忙しく飛び回っていて講演やら、取材やら、コンサルタントも順番待ちの大人気。

いつ会えるかなーと思っていたところに昨晩、東京に来て嵐で帰れなくなったから、誰かお茶しませんか?というメッセージ。

する!と立候補したら、懐かしがってくれて、会える事になった。

で、コンサルタントってどういう仕事でなぜそれをやることになったの?などという質問に真剣にいろいろ答えていただき、音楽家といえども、マネージャーもいるし起業家に近い何かがある気がするので話にくいついていきながら、だんだんこの嵐の日に会うことになった事が腑に落ちてきた。

私の作品の中に、「龍は嵐を呼んで天に昇る」という題名の曲があってこの曲をとても気に入ってくださる方がけっこういるのですが、この曲の題名である言葉は、龍が嵐を待って天に昇るのではなく、自ら嵐を呼び天に昇る。

つまり、状況がないからといって待ったり諦めたりするのではなく、自らその状況を、作り出していく。そういう主体的な言葉。

そして私の父が好きな言葉であり、私自身も状況のせいにしてはいけない、そして無ければ自分で作り出せばいい。という言葉が、大変というよりはとても希望に満ちた言葉であるように感じて好きな言葉なのだ。

それをつまり彼女に感じたわけで、あー嵐を呼ぶ龍は女性だったのだわ。と思ったのです。

20141006-214352.jpg

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui