馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 あれは。- 2018/10/07 -

Category : BLOG

いつも自分のいる場所が、福岡なのか大分なのかよくわからなくなる。

そんな現場がサークルねこの手さん主催のコンサート。

ちょうど県境で、単に滞在するホテルがいつも大分の中津なだけであって、ねこの手さん達もコンサート会場も福岡なのだと気づいたのはやっと今回の旅で。

でもご飯食べに行く場所は大分が多いのかな。

それで唐揚げ。

とインプットされているのかもしれない。

あと時間ある時に散策するのが大分の中津なので。

中津城とか。

前田さんは2回目。

竹井さんとは何回目だろう?

5回目かもしれない。

まだなんのコンサートもしてませんが、お久しぶり会で早速このあたりの耶馬美人を水割りで。

私は本当にお酒が弱く、 頑張って二杯止まりですが、一口で顔が赤くなります。

でも嫌いなお酒はさほどなくて、どれも美味しいと思うので色々飲みたいのに、安上がりでいいねと言われますが、あれこれ飲んだら潰れます。

意外と焼酎も好きです。

明日の会場を下見して。

古いピアノも試奏してみる。

この会館にあった音がする。

こちらは明後日一曲のみロンドンデリーのうたでお見え予定。

次の日は河原でのコンサート。

少し曇りがち。

このところ台風が心配されたが、なんとかなんとか。

いろんな角度から。

こんな感じで。

音はよく響き、生音で。

最後の方でほんのちょろっと小雨がぱらついてきましたが、無視してやり続ける。

気のせいと思えば気のせい。笑

風が少しあったので、それが幸いしました。

以前に湯布院でお会いした方と再会もあり、こうやって自分の範囲が及ばないところに呼んでいただいて繋がるご縁ってありがたいなと思います。

ねこの手さんのボス。デミちゃん。

こんな優雅な姿なのに性格はどうやら優雅ではないようです。笑

そして打ち上げ。

ねこの手さんの打ち上げの度に思い出すこと。

注)以下、魚のハモの事を間違って延々としゃもと書いてしまいました。100個くらいしゃもって書いてしまって訂正が難しいので、すみません。ハモです。苦笑。

それは中津の名物しゃも。

魚のしゃもです。

それは確か1回目に呼んでいただいたとき。

事前のメールで、中津の名物のしゃも、食べたいですか?

それならシャモの専門店でしゃもコースを予約しますね!

と。

竹井さんと二人、しゃも食べたことないね。あの高級な京都とかでよく食べられるやつでしょ? とか期待に胸膨らませ中津に。

街を歩けばどこもでも、しゃもと書かれた旗がはためいている。

うわー。しゃものコースなんてどんなだろうね。とますます期待高まる。

初日の宴会では、しゃもは最終日ですから、今日はしゃもはあえて頼みませんよ。

と言われて、また期待が膨らむ。

さて待ちに待ったしゃもの専門店にてしゃものフルコース。

みな席に着き、綺麗ないろんなものが入っている前菜が置かれる。

フルコースというのだから、前菜はもちろんあり、目にも鮮やか。

綺麗でちょこっとずつなので、何が何かわからないまま、美味しくいただく。

どうやらここにしゃもは居ないようだ。

次きっとしゃもが出てくるかななんて待っていると、カレイだったか、割と立派な魚の丸々唐揚げが出される。

しゃものフルコースなのに??

とみなの頭に何かがよぎったが、これはこれでとても美味しい!

そして、きっとメインに出てくるのだろうということに皆でうなづきあう。

そして和牛のステーキが出た。

これは、どこからどうみても、メインである。

しゃもは、もしかしたら、メインになることを遠慮するような、とても繊細で清楚な魚なのかもしれない。。

きっと次にお造りや、茶碗蒸し、シュウマイのような形でまだ出るのであろう。

しかし、しゃもが堪能できるほどのお腹の余裕がなくなってきてしまっている。

しゃもを味わいたいので、それなりに美味しいこれらの次々に出てくるしゃもではない料理も、ちゃんと味わう事なく、期待は次へとまわされる。

も、

あせる。お腹がいっぱいだ。

そして出てきたのが何かのお椀。

何か、何か白いものがプリっと浮いてる!!

ついに、ついに出た。

これがしゃもなのか??

みなで恐る恐る白いものを口に入れる。

会の方が一言。

「これはフグですわ。」

。。。

そこでようやく、

これはしゃものフルコースではないのではないかということに皆が気づき、お店の人に聞いたところ、注文を間違えていたらしい。

しゃもの入ってない、でもしゃものフルコースより高い何かのコースであった。。

それならそれで、もっとゆっくり味わったのになー

と思っても後の祭りです。。

という思いで話でした。

ふとこの日の打ち上げで目の前に座った方。

素敵なTシャツですね!

という話から、沖縄の紅染をしていて、手作り!

しかもカミーノの巡礼のデザイン。

カミーノ巡礼に行ったのだそうだ。

その話を根掘り葉掘り聞きまくり、行くと決めました。

黒川さん♪

美炎さんも行ったらこのTシャツつくりますよ!

と言ってくださったので、行きます!

500円玉貯金しなきゃ。

そして次の日はとても素敵な昭和二年に作られた建物で。

竹井さんが見つけてきてくれたクライスラー編曲のピアノ伴奏がまたとてもここのピアノと会館にマッチしました。

ねこの手さんの時にいつもチラシやポスター、チケットをデザインしてくれるエミコさんのチケットは、いつも手帳に持ってます。

なんか切符みたいなイメージでこれを持ってるとどこかに行ける気がしてます。笑

セドナのナナさんが撮ってくれた写真のポスター

下は前田さん撮影。

ねこの手サークルの会の印はこの黒川さんデザインで制作の紅染です。

九州の皆様ありがとうございました~!

またの再会を♪

さて。 ここまで書いて一度投稿したところ、ねこの手サークルの方より。

美炎さん。しゃもじゃなくて、ハモです。 と連絡が。

がーーーーん。

そうだ。なんかおかしいおかしいと思ってたら、ハモだった。

とんとハモに縁が無いのだ。笑

で、その方のメッセージが素敵なのでそのままご紹介して、しゃもをハモに書き換えるのがこんな100個くらい書いちゃったのでもう無理なので、笑ってください。

恥ずかしい。。

頂いたメッセージ。

いつもは、あんなにたくさん連発しませんよね(笑)

きっと、他県の読者さん達は、『しゃも』という中津の名物魚を想像してますよね😊

でも、はもって、しゃも!というくらい獰猛な顔してますからね。

うちの猫、

デオデオという北九州の電気屋駐車場で保護され、学校のとなりの米屋さんに連れてこられ、2年間、ほぼ毎朝登校、私の転勤とともにうちに連れて帰られたという『デオ』ちゃんです。美炎さんに撫でられてる時の顔!笑える😃

縁がありました!笑

毎日、夕方にも現れてたけど、職員会議の日、火曜日は、3時過ぎに現れて、ニャ〜オン♪と言いながら職員室に入ってきて、私の膝にぴょんと上がってました。冬はぬくぬく。嫌な会議中も癒されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui