馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho

プロフィール馬頭琴奏者 / 美炎 miho

幼少よりバイオリンに親しむ。

民族音楽の枠を越えてオリジナル曲を中心に演奏活動をしている。

馬頭琴を国家1級演奏家チ・ブルグッドに師事。馬頭琴の人間国宝チ・ボラグに認められ、馬頭琴アンサンブルの最高峰、野馬アンサンブルの一員としてアジア各国で演奏。

役所広司主演映画『13人の刺客』音楽やセガの『THE WORLD OF THREE KINGDOMS』のゲーム音楽に馬頭琴で参加。NHK交響楽団の弦楽器奏者とも数多く共演するなど、クラッシック・ポピュラー・世界の民族楽器等ジャンルを超えて共演している。

山の棚田コンサート(栃木県那珂川町)馬と暮らすまち遠野コンサート(岩手県遠野市)等、里山の暮らしを音楽で応援。スイス日本大使館公邸でのコンサート等様々な演奏活動。

オリジナル曲集CDを4枚リリース。

東京音大民族音楽研究所短期講座講師。

宮地楽器渋谷講師。

千葉市振興財団所属アーティスト。

- 美炎miho 発表CD -

CD ・・・『風がくれた物語』

CD ・・・『ホワイトバッファローの伝説』

CD ・・・『白鳥 Love song』

馬頭琴の巨匠であり有名な作曲家でもあるチ・ボラグに『美炎の作品は、私とひとつ共通しているものがある。彼女の作品は彼女の日記と同じだ。という点だ。』そして演奏に関しても『美炎の音色は、モンゴル人とも違う、バイオリンに似ているけれど、それとも違う、美炎の音色だ。』評価。

様々なジャンルの音楽家とのコラボレーション(筑前琵琶、インディアンフルート、琴、ギター、ピアノ、パーカッション、弦楽アンサンブル等)また自然の中での豊かな響きを創る事に喜びを感じている。(栃木県那珂川町旧馬頭町の棚田、熊本県人吉市大畑駅桜の下、清里羽村市休暇村等)

『彼女の感性がきりとったオリジナルメロディーは聞く人の心を揺さぶり、その音色はモンゴルの音楽家達からも非常に透明で美しく、独自の感性から紡ぎだされる音。日本人馬頭琴奏者としては並ぶもののいない確かな演奏技術を持っている。』と高く評価され日本国内、中国、モンゴル各地で多数演奏。

馬頭琴奏者 / 美炎 miho

ProfileMIHO SAIGO (1976~)

2001~Studied under National First-ranked player Chi Bulgood.

2001: Chi Bolag (He used to be a living Buddha but now he is more famous as a Batokin fiddle artist) set a Guinness record by leading 1,000 juvenile Batokin fiddle players to perform the piece of “Ten Thousand Horses Galloping” at an International Juvenile Horsehead Fiddle Art Festival, held in Hohhot. I was one of the players.

2006:Played in front of Mongolian missions at Celebration Party For Friendly Country of Mongolia organized by City of Kamakura

2007〜2010:Performed various times on musical TV programs in Inner Mongolia. The music I composed is used for a musical program as theme music of the program as well.

2008:Run the whole distance of 800 kilometers on a horse for 9 days between Inner Mongolia Prairie and the Great Wall of China in Beijing.

2008: Participated as a solo player at Mongolian International Batokin Festival and won a First Excellence Award of Foreign Players.

2008~till Now:Performed numerous times at main music halls in major cities in China, Taiwan National Theatre (2010), and major concert halls in Japan as a member of IEMA Ensemble.
IEMA Ensemble has been authenticated as a living national treasure Chi Bolag, as the greatest of Batokin ensemble of the National Mongolian Music and Dancing Theatre

2010: Played in the Japanese film “Thirteen Assassins” starring r, Koji Yakusho.

2012: Played in NHK radio program.

2012:Performed “Suho’s White Horse” with string ensemble from NHK Symphony Orchestra at Minato Mirai Hall in Yokohama.

“Suho’s White Horse” is a very well known Mongolian folk story. It is the story of the origin of Mongolian traditional instrument, Batokin.

2013 Dec: Scheduled performance at United Nations in New York.

Perform hundreds times in different cities in Japan.

I compose music for Batokin and play with many other instruments. I am also good at improvising.

Stage Name: MIHO

Sex: female

Born: Chiba in Japan

Profession: Batokin (horsehead fiddle) performer and composer

(Batokin is a traditional Mongolian string instrument)

Copyright © 2017 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui