馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 馬頭でバトウキン♪棚田ステージ♪- 2015/10/31 -

Category : BLOG

今日もだ。

今日も朝一で来たのに、もう誰かが山の小道を掃き清めてあるよ。

これは前日の作業じゃなくて、朝一番の作業。そこをなぜか毎回私が一番に通らせていただく。

それがもう毎年で、5回目。

誰が決めたのでも、そうしてくださいと言ったのでもなく。

棚田へ着くと、里守人という棚田コンサートならではの地元原住民なるおじさま方が朝もやの中にて作業をしている。

朝一の棚田でイメージを膨らませ、無事お天気で迎えられたことに感謝する。

今年はソバナという名の花が棚田に咲いていたのを見て、この色がいいな。と、衣装の方にお願いした。

  
朝一の棚田を後にして山の小道を戻り、受付会場の野原に戻ると、もう地元スタッフの方々が方々で働き、お母さん達は懇親会の食事作りにかかっている。

お客様の入りが早いので、お母さん達とお喋りして、一緒に作りたくなる気持ちを抑えて、準備に戻る。

  
山の小道には、棚田の四季をこのコンサートの主催者、ヒロクラフトさんが撮りためたものが飾られる。

  
猫もお手伝いしてるよ。

  
これだけたくさんの馬頭琴という文字が里山のそこいらじゅうに設置されるのも、世界中おそらくここだけだよ^ ^
ちなみに、今回の棚田コンサートのリハーサルは、こんな感じでした。

  
棚田コンサート、舞台袖も丸見えなので、始まる前の袖で控えてるところも皆さんに丸見えです。

  
しばらく演奏していたら、棚田の風景に、なんでこんなにたくさんの人がいるんだろう?????と不思議でした。

コンサートなので当たり前ですが、やっぱり不思議なのです。

日差しを避けるために皆さん日傘さしてます。

そうして、畔に一列に横に並んでいるのをみると、もしかして、きのこの妖精かもしれない。

それなら、わかる。とか思ってました。

   
 
   
    
 
はい。二部の頭にちょっとした剣のパフォーマンスもしました。

この棚田の石舞台はとても絵になるので、身体で何かやったら、いいなと、最近ご縁のできました、桜月流の松木師範に振り付けを考えていただきました。

今年は歌も歌ったので、来年はどうしようかな^ ^

いやいや、来年も、馬頭琴でしょ!

  
稲穂の入った秋の素敵な花束です。

今年はそよ風が気持ちよかった。

  
キーボードの竹井美子さんと。

前日のリハーサルひ、まだ朝のうち雨で、田んぼに楽器を設置するのも皆さんのご協力で。

ドラムの今成英樹さん。自分のドラムセットのシンバルからの反射熱で本番の日差しの中、最後は頭がクラクラしていたそうです。
   
   
お客様が帰り、片付けも大方終わったあとは、お母さん達の作ってくれた、地元の野菜を沢山作った暖かい手料理をみんなで食べます。

いつも昼抜きで演奏するので、この頃はお腹と背中がくっつくところです。 

席順は、いつもくじ引き。

私、これ座高が高いわけじゃなくて、高い椅子にあたったのです!!!

 
   
   
馬頭のレストラン道のシェフお手製のヒロクラフトさんところの栗で作った栗ケーキ。

いつも、お店で棚田での演奏が聴けないので、サプライズで野原で演奏。

  
まじかで聞いたことのないお母さん達にも喜んでいただけました。

写ってないけど視線の先には今成さんが、太鼓を叩いてます。

  
棚田コンサート。

これで終わりだけど、なんだか、終わった!ってならないのもこのコンサートの不思議なところです。

いろいろな後片付けが盛りだくさんのヒロクラフトさんはもちろんなのですが、ヒロクラフトさんが知らせてくれる地元の皆さんの様子や、棚田の様子が1年通して伝わってきて、なんだか、お米の1年のように、収穫の延長にこのコンサートもあるような気がしてしまいます。
何よりの収穫物はお米という命の実りとともに、皆さんに出会えたこと、また繋がっていること、音楽を通して心が一つになること。

そんなこと全部、体も心も全部で体験できることです。

ほとんどの負担をヒロクラフトさんにかけているわけですから、ヒロクラフトさんが少しでも負担が軽くなるように、と思いつつ、私はやっぱり当日演奏するのみになってしまうのですが、しかも、いろいろと毎年、これお願いします。とか、頼んじゃってる!

  
上記写真はたくさんの撮影スタッフが撮ってくれたものです。

小川琢磨さん、ちゃりあんさん、ミナコさん、寅さん、萌さん、多分他にもたくさんの方々ありがとうございます。
そうそう!ことしの棚田コンサートでは、ヒロクラフトさんの長女の萌さんが、コンサートのデザインを全て担ったことです。

一昨年、コンサートの後で、棚田を守るしげるさんの娘さんが、お父さんの棚田にこんなにお客さんがきて、コンサートができて、お父さんを尊敬するし、この棚田が好きになりました。というようなことを言っていて、皆でジーンとしたのですが、その娘さんが去年の棚田コンサートの前日に結婚式をされて、棚田でみんなでお祝いもしました。

今年はその娘さんにさらに娘さんが産まれて、ツルツルのかわいい玉のような赤ちゃん。

美炎さんの歌でスヤスヤ寝てました。と、しげるさんの娘さん。

そして、今年のヒロクラフトさんの長女萌さんの大活躍。

なんだか、人と人との繋がり、輪が見に見えて感じるのも、この棚田コンサートです。

萌さんの作品の一つ。

駐車場から、棚田会場への案内板、風に誘われるようにたどり着くしかけ。

  
棚田の雰囲気にまだまだ包まれている頃、この棚田を思い起こすまた一つの出会いがありました。

その方は、実るほど頭を垂れる稲穂かな。

とおっしゃっていたのが印象的でした。

その出会いはまた、書きます。

 みちみち- 2015/10/12 -

Category : BLOG

やまねくん

やまねが好きで、田舎の家にはやまねが二匹くるりんと丸まっていつ見ても寝ているので、たまには起きないの?と思いますが、いちようぬいぐるみなので起きませんね。

桜月流。おうげつりゅう。と読みます。

美しい劍とかいて

美劍  みつるぎ

桜月流の方々のパフォーマンス、剣の舞は素晴らしいです。

宗家の神谷美保子さんと12月6日に桜月流の運営するみつるぎカフェにてライブをする予定なのですが、その打ち合わせにみつるぎカフェへ行きましたら、

座った席の目の前にやまねくんが。

起きてる。

見ればみるほどキラキラしていて、ほそーい毛並みはふさふさしている。

日本画家の深田絵理さんの描いたもので、絵理さんもカフェに居たのでいろいろお話しを聞きましたら、好きでよく八ヶ岳へ行っているらしい。

そして八ヶ岳にはやまね博物館があるらしい!

あのあたりはやまねの宝庫らしい!

そして冬には保護されてくるやまねに会えたりするらしい!

で、見とれてるうちに、 

 
右の起きてる子を連れて帰ることにしました。

目は黒曜石だそうですよ。

日本画の色って本当に綺麗だな。

 みつるぎカフェには、なんかいろんな人が集まってくるようで、縄文土器や、石器時代を研究している方も加わり、話が盛り上がって気づいたら5時間くらいいました。

12月6日の江古田にある、みつるぎカフェでのコラボライブお楽しみに!

で、次の日は、宮地楽器渋谷教室の発表会でした。

生徒さんにモンゴル服を着てもらって、なかなかさまになっていました。

最後にソロで万馬の轟を弾いてくれた生徒さん。

終わった後、途中からパニックでした。今頃胃が痛いです。

と言っていたので!はて、わたしのときは、初めて万馬を舞台で弾いた時は、モンゴルで若い子達と総勢40人くらいだったよなー。

そういえばその後も複数で演奏することが初期の頃はおおく、ピアノ伴奏もあるし、一人っきりで弾くなんて、だいぶ後になってからだと、思い出し、すごいよ!!

一人でいきなり弾いちゃうなんて!

すごい!よく弾けたよ!と言ったら、

何言ってるんですか、先生が弾かせたんじゃないですか。と言われました。

そうでしたね。

なんか生徒さん達は、普段のレッスンは個人レッスンなので、お互い顔は合わせないのですが、今回の発表会は合同で弾くことになったので

何回かグループレッスンをしました。

合わせるの初めてなのに、みんなちゃんとお互いを見て合わせてる。なんでできるの?なんか生徒さん方みなさん教えなくてもいろいろできるから、いつも私は、いいじゃん!大丈夫!

しか言わなくて、なんか他にも言ってください。と言われます。

で、今仙台へ行く新幹線の中です。

今日の演奏の模様はまた書きます。

さて、いよいよ来週日曜日は今年で5回目になる栃木の山の棚田馬頭琴コンサート。

フェイスブックで主催者の廣田さん夫婦や、ご協力くださる沢山の地元の方の動きがアップされていて、本当に頭が下がる思いです。

地元の方々が、地元の暮らしの延長でできることをやりながら、この演奏会は作られていて、私は当日行って弾くだけですが、皆さんの動きや想いをなるべくもらさずくみ取り、感じて演奏しようと思います。

今回は今年ご縁ができて、舞台でご一緒させていただいた桜月流の剣をわたしも、習いまして、まだまだチンプンカンプンですが、ほんの少し、棚田の石舞台で振る予定です。

その為の衣装でもあり、棚田にこの前行った時に見かけたソバナをイメージしています。

当日をお楽しみに。

  
主催者の一人、ミチカさんが、なんとかみんなにこれは、刈らないでほしいと伝えても、皆さんきれーいに舐めるように草刈りしてくださるので、つい気をつけていても、無くなってしまうことが多いんです。

ということです。笑

   
   
この前の中秋の名月の夜、車を運転していて、フロントガラスにお月様が見えた途端にメロディーが湧いて、すぐにピアニスト竹井さんに送ると、まさかこれ、明日のコンサートで弾かないよね?

そのまさかです。

というわけで無謀にも当日に合わせて弾きました。

この曲、「月みちる」和の雰囲気もあるので、棚田で弾こうと思います。

そして、11月28日は津軽三味線奏者の蝦名宇摩ちゃんと、この曲を下北沢のステイハッピーにて、津軽三味線バージョンで。

12月6日には、桜月流の宗家の神谷美保子さんと、桜月流バージョンでみつるぎカフェにて。

ではそろそろ仙台に着きますので、また。

 連なる- 2015/10/04 -

Category : BLOG

ふとFacebookやTwitterに手軽に投稿していると、うっかりこちらのホームページに載せ忘れがちなので、最近のいろいろです^ ^

ハープの中村愛さんと共に福島のいわきの病院で演奏した時のことを新聞記事で紹介していただきました。

  
愛さんは馬が好きという共通点もあり、個人的に盛り上がる所が一緒なのとは、関係あるかないか、、よく声をかけていただいて一緒に演奏しています。

この演奏会のもようがラジオでながれたのですが、来月は愛さんとラジオ放送出演の予定です。というわけで、いわき再び。

昨日、愛さんが帝国ホテルでBGM演奏があるから、90分ノンストップで演奏するのに、曲決めてリハーサルしましょう!というので、かき集め作業。

意外と、曲の分数って短くて、足していくと、全然足りない。

普段のコンサートでは、あいだに話が入るのでだいぶ曲数が違います。

自分なりに、ホテルのロビーでBGM演奏をひたすら弾いてる所を想像してみて、1人とか、2人とかしかいない広いロビーでも、ハープの音色に包まれて楽しく演奏してくればいいな!と結論付けていたら、よく聞くと、VIPが沢山招かれる大手企業のパーティ演奏でした。

普段はメインがオリジナル曲。そこに馬頭琴である紹介としてのモンゴル音楽。そして、クラシックやポピュラー等のよく知られている曲を数曲という割合なのですが、圧倒的にクラシックやポピュラー曲を弾かざるを得ない。

馬頭琴では、かなり珍しい現場ではないでしょうか。

そんなこともあって、なんかすごく楽しみな現場です。

で、愛さんから馬のバッグをいただきました^ ^

馬好きは、日本ではあまりポピュラーではないので、貴重な馬好き仲間と馬グッズを分かち合い、喜び合う。けなげ。。

さて、いよいよ秋深まり、今年も近づいてきました。

山の棚田演奏会。

去年は棚田での囲み取材があって、なかなか面白い絵面でしたが、今年は大雨と重なり、それでも駆けつけていただいた鬼木さん。

  
毎日新聞の全国版に紹介してくれました。

前回もそうでしたが、近所のおじさんと話してる感じになる鬼木マジック。

そもそも鬼木さんは沖縄の美味しいもの紹介で有名なてんもりさんのブログから、この馬頭琴コンサートを知り、来たという、経緯がちょっと変わってる。

そして、コンサートの日は仕事休んで普通にお客さんとして楽しんでる。

さて今年の衣装は、当日までのお楽しみです。

一つヒントを言えば、棚田に咲いていたツリガネソウ。

さてこの前の満月。

千葉は房総のまことの里という素敵な里山で馬頭琴コンサート。

昼の回夜の回と、主催されたリラクゼーションサロンピュアヒーリングの中村泉さんと、紹介してくださった鍼灸師の田代秀夫さん、あれもこれも沢山動いてくださり、本当に感謝です。

   
 人との出会いって本当におもしろいです。

この仕事は、初めての方や場所と出会うことが多く、そこから得る刺激や感覚を日々感じられることが、自分の糧になっているとともに、そうやって、還元されて音につながっているのだなーとも思います。

里山の小さな空の中に山の端が、ぼーっと白く光ってきて、月が上がるとプライベートな空という感じがしていいなぁと思いました。

9月にはひきふね図書館にて、親子向けにスーホの白い馬の朗読と、馬頭琴演奏。

  
ひきふね図書館の、子ども図書館。がある、っていうのも素敵ですが

大人用の図書館は電気の傘が江戸切子!そして、シックな色合いの落ち着くフロア。

近所に欲しいデス。

私の目の前にいた元気な男の子が、いつの間にかぐっすり寝てしまい、激しい馬の曲を弾いても微動だにしなかった。笑

さて今日は、マザー牧場でした。

この現場が何気にとってもありがたいです。

なぜかというと、まずは普通に山の上で景色が良く、馬もいるし、美味しいソフトクリームもあるし、演奏した後ブルーベリージュースや、手作りソーセージなど美味しいものたくさん。

いや、そんなことではなく。。

屋外演奏って、違う集中力が働く気がします。

風がどう吹いてくるか、音がどう流れるだろうか、私は虫か!というなんか違う触覚が伸びてるに違いない。

それが面白い。

あとやっぱり、コンサートに来るお客様とは違う、マザー牧場に遊びに来てるお客様、しかも、もの食べていたり、他にやることあるわけです。

で、BGM演奏とも違い、ステージが組まれて、さあ今から演奏がはじまりまーす!ということになりますと、毎回、お客様の感じが違うわけです。

連休などの混んでいるとき、日差しが暑いとき、風が強く寒い時、様々。

だからとっても勉強になるし、自分も含めいろいろ興味深いです。

  
終わって帰るとき。空がキレイ。

  
曲が終わった後の拍手があまりにもありがたく感じるのもこの現場ですし、CD売れたら奇跡ですね!

ありがとうございます。

  
ブルーベリージュースは飲んでしまいましたが、エリンギとマッシュルームとサツマイモの秋のフライと、無添加の手作りソーセージ。

オススメです^ ^あと、ミルクプリンも、これでもかっ!というくらいプルプルです。

遠くまで広がる山並みを一望しながらいただいていると、どこまでもどこまでも限りなくぼーっとしてしまうのはなぜだろう?

カテゴリー

Copyright © 2017 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui