馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 優しい風と美味しい風と- 2017/09/07 -

Category : BLOG

金色の風が吹いてる

ネムノキが優しくゆれてる

ここにおいで囁いてる

とりもむしも野の花も〜〜

というのは棚田のうたの歌詞前半。

全くもってそんな日でした。

自分で歌詞を書きましたが、全くその通り!なんていい歌なの!ってなりました。笑

そう棚田へ行ってまいりました。

金色の風が吹いてました。

   
   
ネムノキが優しくゆれてる

   
 
そう石舞台の上のネムノキ、とっても大きくなりました!

幹もたくましく。

木陰も頼もしい。のに優しいな〜〜

花が一つだけ残ってましたよ。

   
 
石舞台のもう反対の端にいつのまにか根付いたチビネムノキも、小学生くらいになりました!

  
これも、本当に棚田の持ち主である茂さんが、石舞台の上に根付いたネムノキが、今にも枯れそうだったのを、なんとか根付いたら木陰になるし、コンサートの舞台の絵になるしって考えて大切にしてきたからです。
そしてチビネムノキを刈らなかったのももちろん茂さんの判断。

そんなところも暖かい棚田。

   
 那珂川町のケーブルテレビとラジオベリーさんの取材でした。

毎度本当にお世話になっています。

お昼は美味しいおにぎり!

美味しい空気の中食べるおにぎりの最高なこと!!

しかも海老の天むすには自家製山椒が効いていて、うなりました。

見てください!このおにぎりのお皿はヒロクラフトさんの作品。

とっても素敵です。

裏にはなんの木で作ったか木の名前が可愛く入ってますよ。

そんな作品を実際に買えるのも棚田コンサートの魅力の一つです。   
キュウリの浅漬けにいたってはミョウガと自家製の梅塩、と生姜が効いていてドラムの前田さんは河童かというくらい食べ続けてました。

市田さんにドローン撮影していただきました。

   

  

  

 どんな映像が撮れているかしら??

ワクワク。

綺麗に素敵に撮れているのは主催のヒロクラフトさんの撮影によるもの。

  帰りはこれに乗る!

  これ、高校時代、はまりにはまった草刈りをして、フォークで刺して積んだ 草の山の中に埋まってこうやって軽トラに揺られて学校に戻るの以来、棚田に来ると味わえます。

なんども自分で稲穂が風に揺られるのを眺めながら、金色の風が吹いてる〜♪ネムノキが優しくゆれてる♪ここにおいで囁いてる♪とりもむしも野の花も〜〜♪って歌ってました。上機嫌。
この歌、実はですね、一昨年の棚田コンサートの後、一週間後くらいの何もない日の朝、目覚めると、あ!!棚田に行きたい!ってなって、いろんな人に声かけるも、そんな突然日程合わせられる人がいなくて、1人だったら諦めようかなと思ったけど、なんか呼ばれてる気がして一人車飛ばして行きました。

八街のピーナツもって、きっと棚田の茂さんや、ヒロクラフトさんに会えるし♪

と思ってたの。

そしたら、見事に誰もいなかったの。

どんなに探しても猫ばかり。

とうとうあきらめて、棚田へ続く山道の入り口へ。

ふと風がさあーと吹いて、なんだかいらっしゃいと木々が言ってるみたいだった。

夢のような気持ちになってしまって、ふらふらと中に入る。

高い木の木立の中をふらふらと。

棚田がみえる、やっぱり誰もいない。

かんがえてみたら、誰もいない棚田ってはじめて。

石舞台の上に先日のコンサートで座った丸太が一つ残ってる。

なんだかそれがとっても嬉しくなって腰掛ける。

ついこの前ここから見える棚田には沢山沢山の人がいた。

コンサートをした。

まるでうそのように誰もいなくて、シーンとしている。

歌が歌いたくなる。 それでできたのが、棚田のうた。

今年も歌います。

できればまた歌詞を配りますので、皆さんも一緒に歌ってくださいね^ ^
金色の風が吹いてる

ネムノキが優しくゆれてる

ここにおいで囁いてる

とりもむしも野の花も

行き先が分からない

そんな日もあるけど

ふるさとの人も山並みも変わらずあるから。

あなたの瞳が笑うと

私の心も軽くなる

人と人は結ばれて

たくさんの花を咲かす

強い風に倒れて

そんな日もあるけど

ふるさとの人も山並みも変わらずあるから。

棚田のうた   作詞作曲美炎

さてさてさて

そのあとは那珂川町にはアトリエがある画家の岩本拓郎さんのアトリエへ。

岩本さんは数回棚田コンサートに聞きに来てくれていて、そのご縁でアトリエや美術館に作品を見に行ったりと、交流させていただいてます。

奥様の浄土紀久子さんは染物作家で、着られるストールというものを作られていて、去年それを着ました。

   
 
実は前田さんの首のストールもそうです。

今年の棚田の衣装は、ちいとネタバレしますが、

トップスだけ美JAPON の小林先生に作っていただき、そこに合わせるストールを去年とまた違うストールにする予定です。

どんなアレンジになるでしょうか。

ちなみに来週はこのストール作品を何点か着させていただいて、馬頭琴持って岩本さんに撮影してもらう予定です。

   
   
その後は馬頭温泉で汗を流し、レストラン道へ。

棚田の本番のひは、なかなか寄れないので、ここぞとばかりに寄りました。

   
 
那珂川町といえばレストラン道です。

   
 シェフの菊池さんは幕張のニューオータニにいたそうです。

実家近くなのでよく行ってましたよ!

一緒に写真。温泉の後ですっかりスッピン(≧∇≦)

棚田のコンサートはですね、近隣のオススメエリアが沢山あるんです!!!

洋食ならレストラン道さん。

お蕎麦なら、昼のみ営業の棚田横の霧が岳さん。

馬頭温泉は美肌の湯の美玉温泉。

こっそりお忍びでコンサートにも来てくださる、いわむらかずおさん。14匹のねずみシリーズの絵本美術館。

雨の日会場横にある、古い学校の建物を使ったもうひとつの美術館。

おしゃれなカフェもある広重美術館。

などなどです。

どうしましょうか?前日入りをおすすめします。

ああところが最近、棚田コンサートの時の馬頭温泉が早く予約が埋まってしまうのです。

キャンプ場あたりならまだあるのかな?

それか、宇都宮あたりに泊まってというのもありかと思います。

9月1日よりチケット発売中です。

常連さんから徐々にチケット売れているそうです。

駐車場の都合により、定員がありますので、ご予約はお早めに。

すっかり誰よりも楽しみになってしまっているわたくしです。

きっと棚田の皆さんはお天気や、当日の準備に沢山頭を悩ましていらっしゃるというのに、ありがとうございます。。

10月15日ですよー!

詳細はこちらホームページのコンサートインフォのページからどうぞ♪

 両腕の翼。長野。- 2017/09/02 -

Category : BLOG

岩手より金沢へ向かい、そのあとは滋賀。

そして来ました長野。

長野はここへ。

   
 
飯田にあるピザレストランのヒコノキ。

こちらのオーナー、ドラムの前田さんの元生徒さん。

実家のある飯田にお店をオープン。

5月にライブをさせていただきました。

ここのピザも料理もスイーツもかなり美味しい。

近所にあったら通うのになー。

モーニングもやってるのは羨ましい。

11月19日の日曜日にこちらでライブいたします。

もちろんお店の美味しいお料理も堪能できます。

時間詳細は後日。

ちなみに前日18日は岐阜の恵那市にある串原村、手作りソーセージ工房のゴーバルにてライブ。

そのまた前日は名古屋の古民家ギャラリーで西美紀さんの展示会にてライブです。

  
さて

中央道は土砂崩れで中山道を迂回して、やっと松本入り。

竹井さんと松本で合流。

なんだかこの旅中、いつもいるはずの竹井さんがいなくて、また旅の途中で会えたのは喜びひとしお!

演奏すればその有り難味も一段と感じます。

ほんと、伴奏一人欠けると翼が一つもがれてる感覚です。

あー。やっと両羽揃ってどこへでも自由に飛べる!ってなります。

去年もお世話になった中山東花園。

代表の菅谷信さんは高校時代の先輩。

幾らでも食べれる大粒なブルーベリー農園と合鴨農法でつくるお米が自慢の農家です。

中山東花園は、松本市内の子供連れファミリーが楽しく農業に触れられるようにと、ボランティアで運営している園。

夏の集いに音楽隊を呼んでくれました。

日本中のあちこちの地域で、地域になにが必要か、ここの良さはなにか、どう人の輪を作るか、そんなことを真剣に考えている人たちがいて、そんな輪に加えていただいて、音楽で少しお手伝いできるのが、何より幸せだなと思うのです。

その地域の歴史や今の現状、人の想い、自然の成り立ち、色んなことを学ぶことができて、学生の頃、そんな学びをしたいと強く思っていたことが、図らずも、こんな形で実現していることに驚きます。

そしてその学びが自分の音楽の中に生きて、また呼んでいただくことで生かされている循環に気づきます。

ここに美炎の音楽があったらいいだろうなー。なんて思いついてくれた方々に本当に生かされている。

今回特に、去年ソロで演奏しましたが、ふと、いつもはピアノとドラムと三人で演奏しています。

と演奏中に話したことが、この東花園で馬飼をしているポニー伊藤さんが、それはぜひ三人で弾いてもらいたいと、早速演奏終わった私に、三人呼ぶと幾らなの?

と交渉。

代表さしおいて勝手に来年の出演が決まった瞬間でした。

そしてその通り今年はポニー伊藤プレゼンツで三人での出演かなう。

   
    
   
右端菅谷さん。その隣ポニー伊藤さん。

馬のお尻のところにいるのは、ギター弾き語りのユージさん。

前田さん、ユージさんの弾き語りにも即興で参加。

ユージさんは、私たちの音響、下準備も沢山お手伝いしてくださり、去年に引き続き感謝です。

こちらは日本アルプス一望の舞台。

爽やかな風が気持ちいいコンサートになりました。

馬のいななきつき!

朝起きたらわらわらとヤギが沢山放し飼いになっているのも笑いました。

演奏終わったら、舞台裏にはヤギが。

   
 
こちらの打ち上げ。

オクラの花はニュルッと美味しいのです。

眺めもサイコーなバーベキュー。

   
    
 
そしてポニー伊藤さんは上機嫌でお歌を。

菅谷さんが、こんなに嬉しそうなポニー伊藤は初めてみた。と。

このまま逝っちゃうんじゃないかと本気で心配したそうです。

ポニー伊藤歌う

確か去年は演奏中に缶ビール片手に涙を流してた姿が話題になりました。

そんなポニー伊藤さんが歌うその周りの光景が映画見たいと思って撮りました。

ちなみにポニー伊藤という名前の由来ですけれど、

去年お会いした時に、

木曽馬は絶対他の種とは交わらないんだ。

ポニーは誰とでもやっちゃうんだよね。

どうもポニー伊藤です。

とおっしゃってました。

さてこんなに素晴らしい取り組みを続けている中山東花園ですが、なかなか継続が難しいらしく、こういう取り組みの継続の難しさや、農業の現在など、こちらも知らない事を知ることができて良かったと思う反面、上手くまわるといいなーと思うばかりなのでした。

それでも気持ちが一番大事だなと思います。

現状や結果よりも、気持ちが豊かで心が伴えば、絶対に後悔にはならないからです。

私もそうありたいです。

さあ、旅は終わりです。

この先はどこに進路がさされるのでしょうか。

  

カテゴリー

Copyright © 2017 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui