馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 ルート- 2016/08/29 -

Category : BLOG

同じ道を行く。

何度目だろう。

やはり不思議だな。

呼んでくれる人は全く横のつながりが無いのに、全然別のところから声をかけていただいて、またここへ来ることができた。

たぶん、演奏でくるのは6回目くらい。

清里への山へ続く高原のまっすぐな上り坂。

旅の途中、あ、ここいいなー。と思うと、いつかここで演奏したいなって思う。

するとそれが叶うことが多い気がします。
また別に、ずっと昔からここでやりたいなという場所に一向にご縁ができないということもあります。

例えば屋久島。

でもきっといつか叶う。

そしてその時になって、なぜ今なのか絶対にわかるんだろうなと思います。
そして、なぜだか分からないけれど、同じルート、同じ方面、同じ場所に何度も呼ばれることがあります。

声をかけてくれる方は全然違う方なのに。

だから、演奏するときは、その場所との、まずは巡り合わせに思いを馳せます。

きっと場所というものにも意思はあるのだから。

3つの琴。

ハープとアルパと馬頭琴。

琴といっても、馬頭琴は名前に琴がついてるってだけですが、たくさんの弦の重なりのなかで、馬頭琴の束になった弦の響きをまた重ねられる幸せを感じながら演奏できる機会。

ハープ中村愛さん。アルパ池山由香さん。

三人で弾くのは3回目。

銀座十字屋の中村会長が、三人の調べを気に入ってくださり、清里の森の音楽堂の涼風祭と繋げてくれました。

前日に森の音楽堂で音を合わせ、ペンションにとまり、すっかり女子会を満喫。

音楽女子同士しか話できないことがけっこうありまして、そんな事を話しながら、三人だけで、うんうん。と共感しあい、励ましあい、慰めあうのでした。笑

次の日は演奏。

台風の近づいている中、雨の森の音楽堂。

それでも一瞬の晴れ間がのぞいたりと、ドラマチックな空でした。

ご縁のある方や、一度東京で聞いてくれた方なのが、足を伸ばして、聞きに来てくれたのには、本当に感謝でした。

また聴きたいからコンサート情報みます。

と言ってくれる方が多いのですが、なかなかお近くでできる機会がないだろうなーと想像すると、申し訳なく思います。

せめて少しでも最近はライブの動画をアップしたりもしますが、生ライブを聞いてくださったみなさん一様に、生は違う!!

と、そりゃ当たり前ですよね。

もっともっとたくさんの所で演奏をできるように、ただ、それにつきますね。

琴のお二人と名残惜しく別れてから、車を飛ばして松本市へ。

それは面白い物語の幕開けでした。

つづく

   
    
   

 わ- 2016/08/25 -

Category : BLOG

自分にとって何が一番大切か。

もってるひとは、存在感が違うなと思います。

自分にとって何が一番大切か。

それがあれば、選択するときに迷うことなく選択できる。

実は試練が伴ってるから選びたくない方だったりするんだけど。

今日はJAZZサックスの中村誠一さんのお宅でリハーサル。

誠一さんの教え子でもあるピアニストのセタさんと、ドラムの前田さんと、私と四人。

誠一さんは、前にもご一緒した時に、話してくれたいろんな話、今回も休憩のお茶の時に、色んな話をしてくれました。

誠一さんは、今までの音楽経験の中で感動した話をしてくれます。

本当に音楽好きな人だなって心から思える。

色んなすごい経験の中で、本当に感動した話やら面白い話、聞いていると、それが蘇ってくるようで、また、そうだよね。音楽って、そんなところが醍醐味で、たいせつで、だから、音楽してるんだよねって、とても共感できます。

それが、やっぱり演奏していても、同じだなと思います。

その人が何を一番大切にしているか、やはり音楽にあらわれてくる。

だから、こんなにJAZZわかんないは、アドリブも経験少ないは、なのに、楽しい!と思えて私は委ねられるんだなと思います。

来春あたりに、モンゴル民謡でJAZZ!!

もあるし、誠一さんや、私のオリジナル曲、JAZZスタンダードなど、様々にプログラムくむ予定なので、お見逃しなく。

一人立つ瞬間。

心は真っ白。

自分の中にふと生まれるものを感じてみると、感情がどこへ行きたがってるか、それによって表現がうまれてくる。

それが即興だったり、作曲だったり、演奏の表現だったり。

自分を自由にさせてあげること。

それが自在にできると、懐に招き入れる余裕が生まれる。

そうすると、一人でも遊べるし、誰とでも遊べる。

そんな輪が生まれた瞬間、その世界が、完全になる。

そしたら、その体験が、どう生きたらいいか教えてくれる。

そんなものなのかもしれない。

(リハ中のセイイチさんとセタさん。)

  

 ほっぺにキス- 2016/08/22 -

Category : BLOG

外が真っ白で雨がざんざん降っていて、木々も揺れていて、そんなのを窓から眺めてただ座ってるか、寝転んでる。

っていうのが好きです。

ふと時間がない場所に行きたいと思う。

人が何キロも住んでないような海岸線の小屋の窓から真っ白に煙る空と海とただ眺めてるだけで、それ以上もそれ以下もおこらず、そのまま。

明日のことも昨日のことも考えず、ただ嵐の様子を眺めてたい。

そんな場所が欲しいから人は別荘を買うのだろうな。

ふと目を閉じたらその場所があって、次に目を閉じるまでそこにいられたらいいな。

湯河原へ行きました。

作家の田口ランディさんからの声かけで、発達障害の子供達とその家族の方々やボランティアスタッフの方々、アーティストの中津川浩章さん、音楽家の巻上公一さん達との濃い2日間。

相変わらず無知の状態でもぐりこんだ人。

でも、子供の時からなぜだか、人に懐かない動物や、人に懐かない人に(⁈)懐かれる事があるのは、同じ匂いがするからなのか。

かわいい女の子に沢山キスされたりと、なんのご褒美だろう?

どちらにしても、自分のできることは限られていて、その場にただ居るようにするっていうのが自分のできることだったりする。
音楽弾く時も。

昼間はTシャツに絵を描く。

中津川浩章さんは、障害を持った子供達との絵を通した活動も沢山されている絵描きの方で、どんな風に絵を描くのかなとか、ただみていたくて、見れて満足でした。

そして流石に、他の人の描いた絵と一線を画しているのでした。

ご本人は、それじゃだめだ!と自分のことをおっしゃっていましたが。

あれは不思議。

思いついてその場で遊ぶように描いているのを見てましたけど、何かがくるくる働いて、ここにはこれ!ってあるみたいで、出来上がったものは作品でしたから。

でもそれは即興演奏も同じかな。

誰でも即興演奏はできる。

でも、きっとここはこれ!っていう瞬間があるかないか。

巻上公一さんはドラえもんみたいに不思議なバックから不思議な楽器や楽器じゃない物をあれこれ取り出して解説してくれて、それだけで面白い人でした。

巻上公一さんとの即興演奏はあー、まだまだもっとやってたいなー。というくらい面白い。

その間、重度の障害を持つ子供達がわらわらと吸い寄せられてきて、私は巻上さんと演奏することに夢中でいながら、一方で、よくこんだけ沢山近くにまとわりついてきてるのに、弓にひっかかったりしないで、邪魔なようでいて邪魔じゃないという不思議な光景を楽しんでもいました。

ランディさんが作ったモンゴル草原が舞台の子馬の物語。

子供達も大人達もめいいっぱいの朗読で、ヒカシューの元メンバーだった、このサマースクールの舞台でもある幼稚園園長の井上誠さんか描いた、モンゴル草原が、本当にモンゴル草原。

ぶっつけ本番の演奏もまた、巻上さんと楽しくやりました。

ランディさんはそれにしても本当にエネルギッシュ。

夜は特別⁈ランディさんの家に泊めてもらい、和室の客間から続く庭からは海が一望でき、蚊帳の中で寝っ転がると、朧月がみえて、波の音と虫の声と、涼しい風で、夢見心地で、さっきまでの濃い楽しい時間と共に、いつのまにかぐっすり寝ました。

そして、普段聞くことのない絵と、演劇にまつわる業界裏話を控え室で夜遅くまで聞けたのが興味深かったのと、ヒカシューってどいう意味ですか?と巻上さんに聞いて、思わぬ面白い話が聞けたのも贅沢な時間でした。

あー巻上さんとアルタイ行ってみたくなっちゃったなー。

そしてランディさんともっとゆっくりお話ししたかったなー。

中津川さんが絵を描いてるところをもっとみていたかったなー。

っていう2日間でもありました。

この2日間で出会ったどの人もなんだか初めてあったような気がしない不思議な出会いでしたが、2日目にご家族の方々に寝っ転がってもらっているところで演奏してたのはまた不思議な経験。

対面しながらの普通のコンサートは、やはりどう持っていくか、何をどうしてどうなるというある程度のコントロールが聞く場所だというのを改めて知る。

いろんな場所や機会やシチュエーションを与えられていることに感謝です。

それにしても子供達のエネルギーとそれに負けない大人のエネルギー。

の渦に巻き込まれる私。

なんとか弾くだけは弾いたという感じでした。

皆様お疲れ様でした!!

ランディさん誘ってくれてありがとうございます。

  
  
あとランディさんの旦那さんが作ったカレーライスと朝のお味噌汁が美味しかったな〜〜。

 みちること- 2016/08/18 -

Category : BLOG

月がみちる

今日は満月のようです。

そういえば先日の八ヶ岳の夜のライブでは縄文の博物館館長さんが、三日月は人間が肉眼で見える月なので、新月から3日目に復活再生するという思想が古代にはあるという話。

陰暦の月に沿って生活するととてもぴったりくるという話。

陰暦の話はよく種まきや収穫など、陰暦の通りだと聞く。

館長さんはとても縄文の文化を愛していて、自分もそんな思想や生き方を少しでもしたいなと思っているけれど、もう陰暦にかわることはこれからないのだから、そういう現実をちゃんと踏まえて、どこまでなら取り込めるかと考えている。

という、なんかとても共感できる話でした。

もう陰暦にかわることはこれからないのだから、というあたり、陰暦にまた戻すべきだと思わないあたりがなんだかじーんとするのでした。

変えることのできない状況ってある。

若い頃はなんでも変えられると思っていたな。

今考えるととても守られていた環境にいた。

変えられない状況は確かにあって、それは大きな波のよう。

満てちくるものを止められない。

それなら自分はどうするか。

その大きな力の前にどう立つのか。

まともに波をくらうのか。

波をくぐり波の底で耐えて通過する波を見ながら、のる時を見極める。

諦めることとは違う。

今ある状況の中での一番の理想を思い描く。

波を読むこと。

それでも、

どうしようもなくて、かなしかったら泣くしかない。

それがあとから力になる。

悲しみをちゃんと受けたら、その悲しみは自分の力になってくれる。

なぜなのか

なぜなのか

答えなんかない

悲しみをしっかり通過した先に

わかることがある

月はみちるものだと。

月みちる

先日のサマーアースライブ2016

ひょうご環境体験館でのライブの動画

オリジナル曲の月みちるです。

馬頭琴 美炎

キーボード 竹井美子

ドラム 前田仁

ちなみにこちらは牛窓てれやカフェでの月みちる。

最初に荒城の月を弾いてからの月みちるです。

どちらも違うので聴き比べてみてください^ ^

荒城の月〜月みちる

  

 へんじん- 2016/08/14 -

Category : BLOG

八ヶ岳を皮切りに西へのライブツアーへ、早朝に出発した私達三人は間も無く同時に眠くなるという状況におちいり、眠気から脱する策として、なぜかドラムの前田さんが、プロフィールクイズしまーす!

といういささか無駄なテンションではじまり、私はそんなクイズなんて面倒だなとチラッと思ったのですが。

前田さん「じゃあ僕のプロフィールから。

幼少より何に親しんだでしょうか?」

ピアニスト竹井さん「犬」

前田さん「じゃあ次。何部に所属して活動を始めたのでしょうか。」

竹井さん「野球部」

(正解プロフィールのくだりは、幼少の頃より地元の祭囃子に親しみ、吹奏楽部を経て・・)
ということで一気に目が覚めました。

流石竹井さん。

珍道中という前回の岩手遠野ツアーのブログが大変評判がよく、会う人ごとに、竹井さんと前田さんのくだりに皆さんいたく感動されているようで、今回も。

八ヶ岳での演奏が終わり、早朝出発。

まだ薄暗く、朝に比較的強い私がハンドルを握ろうと、「さて、ナビはどこに設定しようかな。」

そこでやり取りが少しあったのですが、後日ツアーの途中で、竹井さんが、「美炎さんあの時、どこに設定しようかなと言って、前田さんが、新潟!ですかね??

って言ったら、前田さんもう何も言わないでくださいって怒ってたよね。」

と言われて、思い返す。

八ヶ岳から、岡山は備前へ、

中央道の小淵沢インターより、琵琶湖の長浜へ出て、大阪での花火大会渋滞をさけるためにそこより日本海側に出てのち、岡山備前へ直下するという計画を、事前にお二人には伝えていました。
なので、薄暗く、眠気と戦いながら、まずナビをどこに設定するか、鈍い頭をめぐらせながら、琵琶湖の長浜あたりかな。と考えているところに、たたみかけるように、前田さんが明るく、新潟!!

と言ったので、(その後自信なさそうに、ですかね??と付け加えていました。)
私はもう説明する気力もなく、何も言わないでください。となったのでしょう。

後から前田さんにも、美炎さんあの後しばらくイライラしながら運転してましたよね?と言われ、お二人を怯えさせていたのかな。と反省しましたけれども、

このお二人に進化を望んではいけないのだなと1人悲しくなるのでした。

強くなる私。

その後も溢れるほどこのようなくだりは続くのですが、いちいち私も覚えてないのでした。

ひとつあるのですが、え!!という返しをした途端にご本人が間違えに気づいたようで、美炎さんあのこれだけは、ブログに書かないでください。とおっしゃってたので、やめときます。

でもおかげさまで笑いの絶えない旅です。

お二人はどちらかが素っ頓狂な受け答えをしているのをご自分のことはすっかり棚に上げて笑っていらっしゃるので、平和です。

もしかして私もか?

ともあれお二人は舞台の上ではとても頼りになります。(MC以外で)

八ヶ岳では縄文の博物館の館長さんが三日月について熱く語るのを皆で興味深く聞いたり、八ヶ岳に呼んでくれた天さんが採った鮎や山の幸をいただきながら、外で弾きました。

あんな風に山が暗くて星が見えていて、田んぼの広がりがあって、月の曲を弾くのは気持ちがよく、また一人では演奏しきれない世界観をお二人の伴奏によって形作れる幸せを感じるのでした。

道中は温泉や美味しいものを食べることを決して忘れず、ご褒美があればあるほどいい演奏ができるわけではないのですが、リラックスや楽しさや、嬉しさはやっぱり自然と音に出てくるのは人間です。

兵庫の山の上はなかなかの近代都市で、面白いホテルや、ホテルの周りのオブジェでツアー企画してくださった安則さんが来年のチラシの写真撮影をしましょうというので、それと共にまた面白い所をまわりました。

腹ごしらえに連れていっていただいたお好み焼き屋さんには、雷と白い鹿を追いかけて撮影している方に、ジャコウネコの糞からとれた貴重なコーヒー豆のコーヒーをいただいて、甘い香りにうっとりしました。

今回の各地の演奏では、懐かしい方々に沢山あいました。

そうして足を運んでいただいて、音楽を聞いていただける幸せ。

お互いに別々に流れていた時間を飛び越えて今、ここを共有できる面白さ。

そこからまた新しくはじまる物語。

いつも思うのですが、呼んでいただく場所というのは何かやはりご縁があって、呼ばれたんだろうなと思います。

人も場所も建物も、生きているというか、音を出すというのはすべての存在に何らかの働きかけをしていて、そこで何かの作用があり、それが次の物事につながるというか、そんなイメージでいると、とにかくそれを感じていればやがて少しずつ広がっていくのだろうと思います。

やめさえしなければ。

父を見舞いました。

弟とは、もういつも最後かなと思いながら会いに行くんだけれど、自ら復活していくんだよね。

でもきっと、ああ、もうダメだ。とこっちが思ってると、また復活して、ああ、大丈夫そうだと思ってるといつのまにかそのまま逝くんだろうね。

と、もう弔辞を10年前から書いてるという弟と笑いながら話すのでした。

もう96歳ですから、いつでもどうぞ。とは言わないまでも、いつ逝ってもおかしくないわけです。

入院している個室の部屋を開けて皆で入っていくと、わー。たくさんきたなー。

もうね、孤独でベッドに沈んでたところなのよ。

と、父らしくない寂しい言葉と父らしいユニークな言い方で、ああ、父だな。

と実感したのでした。

でも話すうちに力が湧いてきたようで、この入院はチャンスなんだよ。

まとめて考えるのにちょうどいいんだ。

今までの50年の研究を一変させるような大発見をしたんだよ。

ととても生き生きと話す。

一緒にいらしたお弟子さんが、先生、それなら私達の今までの30年は何だったんですかね。

と大笑い。

私達ついていけるでしょうか?

それはね、退院してから、皆にわかりやすくどう説明するかを考えて書いて残さなきゃな。

と、もう退院することにしているのでした。

リハビリが残ってるからまだ入院しているのだそうです。

そして弟の教え子さん達と飲みました。

聞けば弟は大学を卒業してすぐ、大学の先生になったようで、生徒が生徒を教えるようなもんで、よくそんなことが通ったなと驚くのですが、数学の研究にどっぷりハマったままだと変人になるしかないので、若い生徒さん達に慕われて、いろいろ議論できる環境がすごく幸せだったのだな。とホッとしました。

なんだ、父といい、弟といい、変人とも言えるけど、私にはとても分かり合える人達で、つまりは私も変人の類なのか?と思いつつ、変人とは、一つのことに夢中になってしまう人のことで、それで生きていけるように、周りの人がものすごくたくさん助けて応援してくれるという、そんなことを思ったのでした。

たぶん、やめなきゃいけないなら、草の根っこを食べてでも、夢中になるのをやめられない類なんでしょうね。

  

Copyright © 2017 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui