馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 かいもの- 2018/06/03 -

Category : BLOG

昨日は早朝に夕方にと撮影を欲張ったので、今日は夕方からナナさんと子宮の洞窟へ行くまでの間は、街の散策でもしてゆるりと過ごすことにする。

頼まれたインディアンジュエリーを探したり、美味しいものを探したりしましょう。

私達のロッジはウエストセドナにあり、スーパーとか実用的なお店が主流。

少し離れたアップタウンが観光地的な場所で、ビジターセンターやお土産屋さんやアートセンターが並ぶ。

この街並みというのを一切写真撮ってなかった。

ロッジの前にあったホワホワして淡い色の優しい香りの花があんまり素敵なので、こりゃいい雰囲気で撮れるかもと、前田さんにちょっと撮ってくれといって撮ってもらったもの。

   
   
よくみると小さな一粒一粒のつぼみが沢山。

咲いて開いているのもある。

そうそう昨晩はウエストセドナにあるタイ料理屋で食べた。

ここは確か最初のセドナでナナさんに連れてきてもらったところ。

鶏肉か豆腐か選べる。
   
 
一食が二人分くらいあるの。

一つだけ頼んでシェアしたいと思いながらもそれはやっぱりダメよねと、二つ頼む。

お持ち帰りして翌日の朝ごはん。
ここでNOと言えない日本人の前田さん。

注文をとってもらいたい時にウエイターに「sorry」と呼びかける。

私はその話は一つの日本人がやらかす、あるあるネタとして知っていたので、まさかそれをやってしまう人がいるとは思わず、ん?となった。
それからお買い物して、レジ袋いるか聞かれて

要らないのに、OKと言ってしまうバージョンもありました。

それを何回かやってたなーー。

ちょっとそこまでくると、日本でもちゃんとNOと言えるようになろうよ。と狼狽心ながら思いましたとさ。

アップタウンのお店を色々と周り、インディアンジュエリーといってもいろんな種族によってデザインが違うのが面白い。

昔からターコイズは色に惹かれて好きだったけれど、この頃日本でもインディアンジュエリーのお店があるととりあえず覗いて見てしまうのだが、ホピ族のデザインの絵が面白くていいなと思う。

お店によってお値段違うし、どれもお高いのでやっぱり見るだけ。

それでも見るだけで楽しい。

しかし炎天下の中のお店巡りは酔ったようになってしまい、夕方のハイキングの為に、また滞在の後日に来ようということにして、whole foodsへ。

ここは全米にあるオーガニックなものを揃えたスーパー。

ここへ歩いていける所に宿をとったので、お腹が空けばここへ行った。

スーパーは日本だと寒くて、欲しいものもあまりないので行きたい気持ちにならないのだが、ここはなんか色々商品を見るのも面白いし、美味しいので、ふと予定がないとぶらっと来てしまう。

   
    
    
 
ここのハムを4切れずつ数種類買ってつまみにしたり、オリーブを詰め合わせてつまみにしたり、撮らなかったが、沢山の惣菜を箱に自分で好きなだけ好きなものを詰めて、重さで支払い、スーパーで買ったものは、カフェテリアで食べれる。

  
前田さん、衣装のまま、出歩く。

日本の人にも英語で話しかけられる。

ドーナツ買って、自分で包んだらこんなことに。

   
   
夕方、ナナさんを迎えにいく。

パートナーのケニーさんも久しぶり。

早速子宮の洞窟へ。

続く。

7月27日

夏の銀河夜行LIVE

神楽坂  THE GLEE  18:30open 19:30start

馬頭琴 美炎

ピアノ

竹井美子

ドラム・パーカッション 前田仁

ベース 山田章典

  

 タガってなに?- 2018/05/31 -

Category : BLOG

アリゾナのフェニックス空港からレンタカーに乗り、乾いた大地をいく。
いゃあ。フェニックスからの運転初めての右ハンドル右車線は緊張して疲れた。

そして早速前田さんにチェンジ。

ところが時差もあり、疲れているところに果てしない一本道に入ってしまったものですから、眠くなってしまってしょうがない。

聞いたこともない古いアニソンを大声で歌う前田さん。

私が何か歌うとテンポ修正が即入り、そのまま口ドラムで伴奏してくれるので思わずこちらも本気になってしまう。

結構目がさめるね。

これの本当の正体はアンテナなんじゃないかと思うくらいのサボテンがにょきにょき。

二時間くらい後にセドナに入ってくると、あの赤いもこもこした岩山が見えてくる。

ドキドキ。

ワクワク。

前田さんはフェニックスからずっとこの広さに感激してるので、前田さんの反応がこちらも楽しい。

十字路を左回りに周るサークル型の信号なしの(何ていうのかしら?)ものがセドナの街は主流。

これ慣れるとものすごくいい。

信号待ちのストレスない。

宿の近くのメキシコ料理の店へ。

早速サイズのデカさにおののく。

アイスティーの大きな紙コップが空になってないか、毎度見にくるお店のお姉さん。

4/1も飲めなかった。。

   
    
 初日は明日の朝の早起きに備えて早めに寝る。

というかもうずっと眠い。

飛行機の中では日本時間では夜中に起こされて、アイスを食べさせられ、少しまた寝てのち、朝ごはんを食べさせられる。

すごいことだ。

次の日はまずぐっすり寝て、目がさめると夜中の1時。

あれ?と思って仕切り直し。

再び寝て起きると3時。

もうあきらめて起きてしまい、準備をはじめる。

前回のブログに書いた通り、せっかくなら宣材に使える写真撮ろうということで、初めてカメラを買い、使い方も撮り方もど素人の前田さんも私も撮る気はまんまん。

以前アメリカで知り合ったカメラの井崎さんが言っていた、朝日と夕日の頃撮ればいいんだよね。

くらいにしか思ってない。

そんなに早く起きたのに、やっぱり眠かったのか、トロトロ準備をしていたら空が白みはじめてるではないか。

焦る。

セドナは今回3回目。

一番好きなカセドラルロックへ。

あらこれ、山頂行く前に日が昇ってしまうのではないかと思い、以前撮った山頂写真はまた別の日に行くことにして、だいぶ下の方の踊り場みたいなところで撮ることに決める。

さあ

めくるめく、前田さんが初めて撮った写真達をどうぞご覧ください。

   
    
   

ほんの一部ではありますが。

私も撮る。

   
   
日が昇ってしまうと確かに明るすぎて雰囲気ある写真にならない。

そして途端に暑い。

少しハイキングしたら、もうお腹空いたので街へ戻る。

まだまだハイキングするチャンスも撮るチャンスも沢山あるもの。

まだ1日目だぜ。

と思ってる。

   
   
手作りチョコレートのお店を見つける。

入ると店内はものすごくいい香り。

   
    
 
写真撮っていいか聞くと、逆に撮ってあげるわ!と撮ってくれる。

チョコレートもおいしいが、チョコレートドリンクも美味しい。

そしてお店のお姉さんがラブリー。

癒されるなぁ。

美味しいので、お土産はこれにしよう!と最終日にまた来て買うことにする。

お店のお姉さんのラブリーな姿は最終日のブログをお楽しみに!

それから宿で仮眠。

次は夕方を狙う。

音出してみようということで、あまり人の来ない所がいいねと、四大ボルテックスのところは避ける。

ボルテックスというのはエネルギーが噴き出してるところというような定義だったと思うけれど、なんとなく地図でこの辺りに行ってみようと目星をつけて出かける。

この辺りかなというところに停めて、衣装と楽器を担いで草地の中へ。

前々回かもうちょっと前かのブログに書いた、南房総のギャラリーの山鹿先生のところで見つけた麻布に山鹿先生が描いたものを益子さんという方に衣装にしていただいたもの。

   
    
    
 
それと野口多鶴子さんが作ってくれた衣装。

こちらは前田さんの衣装とお揃いのもの。

私のはシンプルなワンピース。

前田さんのは前田さんが着ると、少数民族の衣装に見える。

   
 
もう日が沈んでしまうので、今度は慌てて私が撮る。

   
    
 
もう日が沈む!と思って夢中になって撮っていたから、最初気づかなかった。

前田さんがふとジャンベを叩く手をとめて。

ほら、木霊が聞こえる。

え?

叩いた音がいつもより乾いて深い。

その後で同じリズムで細かい振動が大きな波のように広く遠くからやってくる。

なにこれ。

大地全体がこたえてる。

こんなに広く音がいくなら、こんな振動になってかえってくるなら、山崩れでも起きるかなってふと思うくらい、音って影響するんだな。

音を出すってそういうことなんだな。

日が向こうの山に早くも潜って薄く暗い中、前田さんの顔がはっきり見えて、音もよりリアルに耳にくる。

ああこの空気感はアラスカだ。

私は幾度もあ、この瞬間は!というときに、アラスカを感じる。

つまりは、とてつもなく広い、それでいて今ココにいる。という強烈な感覚が同時にあって、普段の色んな感情や出来事にもみくちゃにされていたとしても、これが確かなものなんだと気づく。

原野。

数年に一度でもいい。

私にはここに身を埋める時がなくてはならない。

それもヨーロッパやアジアではないんだな。

行ったことないところは分からないが、北米のアラスカかアリゾナあたりが自分の肌にあう。

空気って、現在だけではない、全てのものがそこにある気がする。

音で確かめることによって、またよりそれがリアルになる。

ね、前田さんをアリゾナに連れて来たかった理由は、実際に行かないとでしょ!って何度も言いたい。言ってないけど。あ、言ってるかな。

兎にも角にも信じて行く。と思ってくれたことに感謝。

直前には、僕はこんなに旅したことないし、アメリカ大陸もはじめてだし、どうしよう怖いなんて言っていた人とは思えん。

最初から馴染んでますよ。

明日の夕方はセドナ在住のナナさんに連れられて子宮の洞窟へ。

初めて来た時に、あ、だから私ココ(地球)に来たんだと思って涙がとまらなかった。

じゃあ地球の前にどこにいたの?て話ですが、そう思ったのだ。

そんな感覚もちろんはじめてだったので自分でびっくりした。

またそこへ行ける。ドキドキ。

明日は2日間セドナから遠出。

初のモニュメントバレーへ。

なんかタガが外れるんじゃないかなって思うわ。

こうなったら、何もかも外れて宇宙へ飛んでけ。

さて、夕日を追いかけてちょっと移動。

   
    
    
 張り切って沢山撮りました。

景色を優先させると人物が暗くなり、人物を明るくすると景色が白トビするのが解決できなくて四苦八苦。

日本にかえってから、それを緩和させる機能がカメラにあったことに気づく。

続く。

  
 

 レッドロックスピリット- 2018/05/18 -

Category : BLOG

モンゴルweek 過ぎたら

一週間ほど旅に出ます。

中学校の時にはじめてアメリカへ行き、色々まわった中で、グランドキャニオンが一番印象に残り、買ってきたお土産は(とうに無くしてしまったけれど)今でもはっきり覚えていて、小さいネイティヴの壺2つ。

いわゆるアメリカのイメージって私には大きく2つあって、西海岸や東海岸の華やかな都市。

それと対極にあるアリゾナなどの赤い広大な大地。

2011年の2月。

知人がアメリカのセドナに行ってきたと私に言ったので、セドナって何?どんなところ?って聞いたら、赤い広大な大地がひろがっていて、面白い岩山があちこちにあるの。

って聞いた途端にその光景が頭の中でひろがり、私もそこへ行く。

と思った。

そして一人旅に出る。

後からそこは大昔ネイティヴアメリカンの聖地であることを知り、今や有名なパワースポットであることを知るのだが、そんな事は何も知らないし、それよりもとにかくそこに行く。と自分の中の何かが決めてしまったようだ。

現地に住むガイドのナナさんを紹介してもらい、一番最初に小さなお店に入った。

そこでポストカードを眺めていると、白いバッファローの絵があり、その前に白い服を着たネイティヴアメリカンの女性がパイプを捧げ持っている絵があった。

なぜかとても惹きつけられて、見入ってしまう。

立ちすくんでじっと見ていると、ナナさんがやってきて、それね。ホワイトバッファローの伝説というの。

最終日にやるネイティヴの儀式のスゥエットロッジの時に、そのお話聞けるから、楽しみにしててね。

と言われる。

そのポストカードと、小さなポケットサイズのインディアンフルートを買う。

最終日にティピの中でシャーマンの人が語ってくれた。

スゥエットロッジは普段サウナ苦手なのに、なんだか楽しくてものすごくすっきりしたのを覚えてる。

日本に戻って間もなく、東日本大震災。

ふとホワイトバッファローの伝説を思い出す。

最初は一曲作ろうと思ったのだが、ナナさんに頼んでストーリーを改めて送ってもらい、全部で7曲作った。

美浜文化ホールで2回ほど朗読入りで演奏し、CDも制作したが、こちらは売れ切れてしまった。

いつか被災地でちゃんとホワイトバッファローをやりたいと思いながら未だにできていない。

でもこれはまたその時が来たら、ちゃんとやることがあるのだと思う。

セドナにはその後もう一度行った。

そんなに同じところに行くとは自分でも思ってなかったのだが、猛烈に行く!

ってなる時があるようだ。

で、またそんな感じ。

今回は一人旅ではなく、ドラムの前田さんも一緒。

この方は、初めてちゃんとデュオで一緒に演奏した時に、確か2年前の春のマザー牧場だったけれど、私がどう弾きたいか、なぜこんなにツーカーで分かるのか不思議に思った。

そして結論。

シャーマンだ。(笑)

それも私の頭の中のイメージはネイティヴアメリカン。

そういえば、小学校公演で、子供たちの感想の中に、前田さんは原始人みたいだった。

っていうのがあったな。

でも話をするとまるで、いわゆるスピリチュアルな事を知らないのと、自分の感覚の鋭さにもまるで気づいてない。

確かにその後、一緒に活動していく中で、いろんな事が抜け落ちていると思うことも多いのだけど(すみません。自分のことは棚に上げて)

前田さんをアリゾナの大地の上で太鼓たたかせたら面白いだろうなとその時思った。

でもまさか一緒に行くことになろうとは思わなかったのだけど。

今回は本当は別の友人と行くはずで、その友人がやりたい事があるからと言うので、どこがいいか考えていた時に、ネットにあった写真。

モニュメントバレーをみて、ここじゃん!と勝手に思う。

だったら前田さんも誘おうと思う。

けれどその友人は行けなくなり、でもその後別のアリゾナ大好きな友人と行こう!と盛り上がり、詳しい彼らがいるならあちこち周れるだろうと、ワクワクしていたのだが、彼らも行けなくなる。

取り残される私と前田さん。
方向音痴の前田さん。

助け合っていきましょうと前田さんが言う。

セドナは二回も行っているので、様子はわかっているけれど、モニュメントバレーまでレンタカーでいく。

この国際免許取りに行くのに、パスポート持たずに行き、出直して今度は前田さんがパスポート忘れるという、出鼻をすでにくじかれる。

セドナに二回目に行った時に出会った写真家の井崎さんに二回目は撮影してもらい、井崎さんの住むシャスタでも別の機会に行って撮影してもらった。

誰もいないあの広いところで演奏したいという野望と、どうせ行くならあそこは絵になるから写真撮ろうと思うのだけど、素人の私たちに果たして使える写真は撮れるのか??

乞うご期待!

セドナでは今回もナナさんに子宮の洞窟を案内してもらう。

実はもう一つ事前準備でやらかしてしまった事があるのだが、恥ずかしくて書けません。

そして解決したので良かった。

とにかく、お互いにパスポート関係はしつこくチェックしましょうね!

と確かめ合う。

おかしいな。私はいつも一人旅するときは大丈夫なのに、なんでか間が抜けてしまう。

前田さんは今から、右側通行ということは、左にハンドルがあるの?

美炎さん、最初の運転はお任せします。

珍道中にならないように気をつけよう。

旅に出る直前まで私は馬頭琴アンサンブルのリハと本番3つで旅のことを考える余裕もなく、前田さんも所属する打楽器チームの新作発表で連日遅くまでリハーサルと本番で余裕なく、

このタイミングはなんなんだろう。

きっと向こう行ったら、広大な景色の中しばらくはボーーーーっと放心してしまうんだろうな。

なので突然ですが、いまのうちに、来月からの予定をば。

6月1日は非公式ですが、元、寒立馬のユウロウのお見送りかねて、小学校訪問演奏。

6月3日はセシオン杉並の30周年コンサートに馬頭琴美炎トリオで出演します♪

  
そして

6月10日は四街道にてチャリティコンサート。
こちらはパーカッションの前田仁さんと。

  
6月16日は千葉市の千葉公園にて大賀ハス祭りに出演します。

パーカッションの前田仁さんとデュオです。

10:45〜11:25の40分です。

  

6月25日から29日は台湾でパミールの花。

舞踏家の太田直史さんと、花蓮などまわります。
6月30日は八街市にあるホワイナッツの記念イベントでソロで出演します。

7月1日は赤坂ビーフラットにて馬頭琴美炎トリオ20〜30分ほどの予定です。

7月8日は詳細はまだですが、南相馬にてライブ予定です。

7月13日は八街市の図書館にてライブです♪

図書館にコーヒー出店もあるそうですよ。

図書館隣の資料館には八街の馬の歴史が色々展示されてます。
7月14日はワンコインコンサート。

馬頭琴美炎トリオで。

  
7月20日はギャラリーsfk のニューヨークからのアーティストの展示にてソロで数曲出演します。

他にも非公式で幼稚園、支援学校、老人ホームなどの出演もあります。
7月のオススメはなんといっても27日夜の神楽坂での自主企画ライブです。

自主企画なので、遠慮も何もなく、好きなだけ好きなものを演奏します。

映像も色々使う予定です。

チラシには書いてありませんが、ベースの山田章典さんも出演します。

   
 

ついでにその先の予定としては、8月はお盆前後で岩手に行きます。ちょっと色々訪問がてら、ライブもあるかもしれません。

8月17.18.19

岡山牛窓町にて喜之助人形劇フェスティバルで八王子車人形とコラボ、スーホの白い馬です。

4公演予定。

次の週頭は兵庫にてスーホの白い馬。

   
 そして9月1日宮島にて絵と陶芸の西美紀さんとコラボライブ。

その流れで、今もう一つライブ企画中です。

9月16.17日福岡で猫の手企画ライブ。

その前には熊本の保育園でも演奏します。

10月13日は館山のお寺宗真寺でコンサート。

14日は栃木県那珂川町の山の棚田にて、今年8回目となる山の棚田コンサート。

19日は岐阜のゴーバルにて夜。

20日は名古屋にて絵と陶芸の西美紀さんとコラボライブ。

21日は長野県飯田市ピッツアヒコノキライブ。

11月再び岩手。

11月8日は三鷹カパリスンで西美紀さんとのコラボライブ。

ざっくりとそんな予定です。

アリゾナの大地を思い描いて作った曲の一つ、レッドロックスピリット。

アリゾナから帰って前田さんのソロがどう変化するか楽しみですね!

パーカッションで参加してもらう現場が続くので、ドラムの出番が少なく、ドラムでの初演は7月27日の神楽坂かもしれません。

 移動距離- 2018/05/12 -

Category : BLOG

毎年移動距離が増えてる気がします。

移動とか、旅とか全然平気。むしろ好きでよかった。

そりゃジプシーに憧れてたのだから仕方ない。

だから遊牧民の楽器やってるのかな。

とうとう車が四年で20万キロに。

車検の時に、10万キロ以内であれば、オプションが付きますよ。

その方はおそらく10万キロ未満だろうから、どれにしますか?

という勢いだったけど、アー、たぶん超えてます。

と答えると、じゃあ見てきますね、とわざわざ見に行ってくれた。

そして、すみません。オプションはつきません。

冷静を保とうとしてる感じがみえました。

ま、いいじゃないの。車は移動するためにあるのだもの。

元馬頭琴の生徒さんで、馬好きの他にも色々と共通点のある友人と久しぶりに再会。

彼女は美味しいものアンテナが素晴らしいので、オススメのお店へ。

いつのまにか撮ってくれた写真。

  
話は尽きない。

好きなことの話が共通してる同士で話するというのは癒しの時間なんだな〜

ネイティヴアメリカンの話になり、自分の中では馬で走るって、オリジナル曲ではアリゾナの平原を走ってるんだ。

というと、わかる!

私もモンゴルじゃないなと思ってた。

という話になり、そういえば、アリゾナ大好きで音楽嫌いな馬のおじさんが、美炎ちゃんの曲だけはなんかわかんないけど心に来るんだよね。

って言ったのは、きっと私の中ではアリゾナを走ってるからだ。

と言ってなるほどね。ってなった話を思い出す。

どこ走ったっていいんだけど、モンゴルの草原を思い浮かべる人が圧倒的に多いです。

それでいいんです。

やっぱりボラグさんの万馬の轟弾いてる時はモンゴルかな。

彼女が、うん。モンゴルの草原じゃない。

宇宙って感じ。

もっとひろいの。

って言ってくれたのは嬉しかった。

風の馬はアリゾナの平原を走ってるけど、天に昇ってくから。

それにアリゾナは宇宙と繋がってる感じがどうしてもするんだ。

だから、同じことを感じてくれて嬉しかった。

私のオリジナル曲は、舞台がアリゾナか、日本か北極か宇宙ってくらい素っ頓狂。

モンゴルはもちろんモンゴルの曲も弾くので自分では作らないです。

で、面白いのは来週モンゴルweek です。

すでにモンゴルというものからどんどん離れていく私ですが、なぜか思いっきりモンゴルの馬頭琴奏者とアンサンブルです。

つい先日初リハーサル参加して、来週またリハーサルがあり、そこからの本番3日間。

アサル国際馬頭琴アンサンブル。

今年は馬頭琴は日本人私一人のようですが、チラシでは美炎だけなので、何人がわからない。。

そして本番3日前に到着するドイツからの馬頭琴奏者と同じパートということで、私は普段弾かない低音パートで、チューニングを普段と変えてのぞみます。

18日は静岡

19日は東京サントリーホールブルーローズ

20日は茨城。

10年ぶり?くらいの懐かしいモンゴルの人と、初めましてだが、共通の知り合いも多いモンゴルの人の中に混じり、リハーサル。

モンゴルの人達といるとこんな感じだったなー。と何かが懐かしい。

ホーミーやモンゴル琴や、揚琴もあり、モンゴル音楽の世界。

習い始めた時はむしろこんな感じの環境にどっぷりいたなと懐かしい。

馬頭琴同士で弾くことが今は一切ないので、単純に面白いし楽しい。

同時に、私がいまやってる音楽というのが、本当に元のものと違う世界になってる事をおもう。

自分のやりたい事をやれることに改めて感謝。

19日東京でのチケットあります。

来たい方はこちらにメッセージお願いします。

モンゴルweek の後は、ちょっと原点に戻ってきます。

どういうことかは再来週♪

   
 

 魔女と馬とキャロット- 2018/05/08 -

Category : BLOG

もうすっかり書いたと思ってたら書いてなかった。

元寒立馬のユウロウくんとのコンサート♪

いやあ。

何だろう。

あのもこもこの大きくて優しくてあったかい生き物は。

こんな素敵な時間を得られたのは他でもないこのユウロウ君を預かると決めた魔女さん。

魔女さんって言うとなんか人によってどんな人想像するか様々だと思いますが、みんなから魔女さんって呼ばれてるようなので、魔女さんとしておきます^ ^

魔女さんと出会ったのはもう随分前。

正月頃のブログに書きましたが、私が人生初ソロのライブをしたのがなぜか富津。

そこに来てくれたお客様でした。

それから長い年月たち、1月の君津市民文化ホールでのコンサートに来てくれて、馬飼うのが夢なんです!

と言われて、

なんですかそれ?!!

飼ったら絶対行きます!

って言ったものの、そんなこと言う人の話もっと聞きたくなって、遊びに行っちゃいました。

この魔女さん、お菓子作りや手芸などもプロで、旦那さんとイギリスのチューダー様式の洋館まで手作りしてしまうという。。
行くと、なんと家の脇に馬場と馬小屋があるし。

あとは馬を迎え入れるだけ。

そう遠くない日に実現するのかなーなんて。

でもまさかこんなの早くに。笑
実際のところは、魔女さんのお知り合いの岩手遠野の方が、元寒立馬のユウロウくんを二ヶ月預けるという形での馬飼。

魔女さんよりお便りありまして、ユウロウと一緒のコンサートしたいと。

お馬さんのお披露目会したいからその時にと。

で、

馬場の中で演奏してほしいと。

お客さんは柵の外。

ああそうでした!

その下りは、ブログに書いてましたね。

で、

重複しますが、

お馬さんの現場って色々ですが、神経質なところが多いので、気を使います。

実際、神経質なお馬さん多いと思います。

馬種や、飼われてる場所にもよると思うけど。

だから、いいの?え?いいの?って思ったのと、ユウロウくんの反応を見てみようと、前田さん誘ってユウロウに会いに。

   
    
    
 
写真のとおりです。

でね、本番を迎えました。

まず、栃木からわざわざ駆けつけてくれた馬好きの竹澤奈菜さん撮影。

   
    
 
それから鉄馬にいつも乗っていて、馬も好きになりつつある、館山のユキさん撮影。

   
    
 
そして馬頭琴の生徒さんの華ちゃん撮影。

   
   
幸せな時間ってあっという間だけど、心の中にずっと残りますね。

魔女さんが夢を叶えたことによって、私を含めてみんなが幸せのお裾分けを頂いたなぁ。

ユウロウは岩手に戻ったら馬搬の訓練はじめるそうです。

3歳の栗毛の子馬。

はい。

モンゴル民謡。

4歳の栗毛の子馬弾きました。

もう今から、岩手にユウロウに会いに行きたくなってます。

この仕事していると、夢を形にしている方の現場に呼んで頂く事が多いです。

先日のキャロットパーティーもそうだなぁ。

この地域の良さを最大限に楽しもうと活動している小藪さんと、八街で人参作りに夢を託す農家さんがタッグを組んでの企画。

そこにシェフの腕が加わり、これまた幸せな時間が生まれました。

   
    
    
    
    
    
   
美味しいばっかり連発しました。

そしてここの売りはこのスタジオ。

音が上から降ってくるように設計されてます。

それもそのはず、音響の赤川新一さんが設計。

私たちも昨年1月にここで新しいアルバム二枚撮りました。

残念ながら赤川さんは亡くなられましたが、音が降ってくるこのスタジオはその赤川さんの功績もまた思い起こす場所です。

   
 

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui