馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 はじまりはじまり・・・- 2015/01/28 -

Category : BLOG

偶然にも同じ手帳の人。そう。
中島すみれさん。
違う件のお仕事で絵本の挿絵をされる米本久美子さんとお会いした時に一緒に来ていた久美子さんの娘さん。
打ち合わせで手帳を出したら二人であっと!驚いて、この手帳私も持っています。
といったのがすみれさん。
午年終わったのに2015年も馬の手帳を持つ人はなかなかいないかも。笑
正確にはユニコーンですが。
お母様の久美子さんがこの手帳をすみれさんにプレゼントしたそうです。

すみれさんはゲームのキャラクターデザインをしていて、それも3Dの。
という私には想像もつかない世界。
お母様の久美子さんの作品をいろいろ見ているうちに、白馬の絵が数枚あり、ふと、

例えば、久美子さんが描いた白馬を映像にして舞台に投影するとかできるのでしょうか?
といったのが発端。
つまり久美子さんが白馬の様々な絵をかき、すみれさんがコンピューターの中でそれを操って、八王子車人形の芝居とコラボレーションするという、大胆なことを提案。

久美子さん母娘とさようならをした帰りの電車の中で私はそれを想定して一気に台本を書いてお二方に送り、
それには細かい合わせと打ち合わせが必要になるので昨日、すみれさんをお連れして高尾の車人形さんのところへ行ったのでした。

もうすでに沢山の方が才能と協力を惜しみなく出してくれているこの「スーホの白い馬」の公演。
最初にご協力くださったのはもちろん八王子車人形五代目の西川古柳さん。
器の大きい方なので私が声をおかけできた訳です。
その古柳さんにご協力していただけるのも、今度の五月にやります公演の君津市民文化ホールのスタッフの方々が全面的に共催してくださるからなのです。

とにかく、好きなことやりな!と私に君津ホールを紹介してくれたイベントKの奈良輪さんご夫妻がそもそもの話のはじまり。

と、たどればそこへ行くのですが、チラシデザインをしてくださる事になったセブンウェルズさんと共に高尾の八王子車人形さんのところへ打ち合わせに行ったおり、たまたま取材で来ていた、日本広告写真家協会の長嶋正光さんが、古柳さんを撮影されていたので、その写真を今回の八王子車人形と馬頭琴美炎のコラボレーション公演「スーホの白い馬」に使わせていただける事になりました。

と、度重なる幸運は、協力してくださる皆様のおかげなのです。

私の写真はというとチラシデザインの方が棚田の写真が一番雰囲気が合っているということで、毎年コンサートをしている栃木県那珂川町の山の棚田コンサートでいつも写真撮影をしてくれる小川琢磨さんの撮影したものを使わせてもらいました。

さて、昨日はすみれさんを連れて古柳さんのところへ行き、三人で頭をつきあわせ、また舞台の上でからだを動かしながら、笑
一つ一つのシーンにわけて、いよいよ具体的に描がかけてきました。
とはいえ、古柳さんは速攻で閃いてお芝居を作っていく方。
美炎さんもそうでしょ。とニヤッとして笑う古柳さん。
何を見透かされているのだろう・・とドキマギしながら。
え、ええ。と笑っておく。笑

すみれさんは、どこかのアニメのキャラクターか?のように美しく若い。
ゲームデザインされているのでご自身そうなるのか?
なんだか伝統芸能の古柳さんとゲームデザインキャラクターのすみれさんとに挟まれ、すでに浮世ではない世界にいるようです。笑

そこに米本久美子さんの描く白馬が合わさる。

もちろん馬頭琴美炎の音楽で物語を彩っていくわけです。

チラシが完成しましたら再度ご紹介します。
お楽しみに。

写真はすみれさんとお揃いの手帳の記念撮影。
と、なぜか今年は人魚の手帳だというロマンチストの古柳さんの手帳も。

20150128-154052.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2020 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui