馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 どこまでもずうずうしい?!- 2015/02/13 -

Category : BLOG

君津へ。八王子車人形の古柳さんと映像のすみれさんと共に、5月23日の君津市民文化ホールでの「スーホの白い馬」公演の打ち合わせに。

映像を投影して、実際の人形さんとのバランスをみたり、どんな演出が使えるかを、確認したり。

途中で古柳さんの若い頃の話を聞いたりして本当にいろんな環境で舞台を踏んでいるんだなー。と、古柳さんの面白いところは、1人で沢山冒険をしているところ。
だから、こんな大御所になっても腰が軽くて、柔軟なんだろうなあと尊敬しきりです。
私はそんな古柳さんに、ついいろいろお願いしたり、言いたい事いってしまって反省しきり。

ダメダメ。古柳さんがいくら素晴らしく器の大きい人だからって、あなた自分をわきまえなさい!と脇で誰かに叱られないと、毎回後で後悔してます。

私の悪いところは相手の方と同じ目線についなってしまうところです。
いつも後になってしまったと恥ずかしくなっても、後のまつりです。

君津ホールでのお話をいただいた時も、素晴らしいホールスタッフの方々がいろいろ協力してくれるらしい。というのを頼りに、芝居にまで巻き込んでしまうとは。
でも初演が君津市民文化ホールで本当に良かったです。
映像のすみれさんが若いので、今の若い人の感性の話になり、ゲームやバーチャルの世界とは・・と、伝統芸能の家元でありながら、若い人と沢山関わって育てている古柳さんと、3Dゲームをデザインする実際に若いすみれさんとで話をするのはとても有意義でした。

ちょっと面白いなと思ったのが、古柳さんが、追っかけというのが、わからないんだよな〜という話。
実は私もそうで、子供の時も、みんなが誰々のファンとかいうのが理解できなくて、でもよく卒業文集とかに好きな芸能人とか書く欄があって、いつも困って書いてたのが、美空ひばりとチャップリンという・・笑
チャップリンはまあ映画好きだから分かるとしても何で美空ひばりかと言うと、単にテレビあまり見ない母が唯一歌手の中では美空ひばりはいいと言ってたからなんですが。

ナルシストだからじゃない?と友人に言われた時には、全く自覚がなかったものの、そうなのか・・と思うしかないこの頃。
そうか、古柳さんもナルシストなんだ・・と、失礼な事を思った日でした。
ええ。違いますとも。

ともあれ、この作品、白馬や背景を描いてくれたイラストの米本久美子さんと、それを映像に加工するすみれさんも合わせてなんか面白いコラボレーションになっています。
私がむりやり?巻き込んだ。事実はそうなんですが、何故か私自身も巻き込まれたと思っているところがどこまでもずうずうしい・・
でもそんな時は作品が必ずいいものになるって信じられている時でもあるんです。

20150213-170748.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui