馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 藪の中へとご案内- 2015/03/24 -

Category : BLOG

ギターのナリさん。朝から不安にかられて、横浜からはるばる海を渡って房総の山の上まで来ていただく訳ですが、グーグルナビが、どうしても、一時間で着くところを二時間かかるとご案内。

マザー牧場からすぐ近くのインターで降りた後でさえ、まだ一時間かかかると。
そのうちえ?何ここ?という藪の中へ続く細い砂利の山道にナビが曲がれと。さすがにそれを無視して無事マザー牧場へ時間通りに。

一体どこに案内されていたのか?笑
謎です。
今日はうんと寒い予報で、ステージで準備するあたりは、冷たい風も吹いていましたが、お昼の演奏する頃は、すっかり気持ちの良い日和。
日差しだけはすっかりポカポカ。そんな山の上の景色を眺めつつ演奏できる幸せをかみしめました。
次のステージまで、ナリさんと馬エリアへ。
囲いの中で自由にしている馬の脇でなぜか人生トーク。
話きった所で、馬が華麗な動きをみせたので、つい馬トークまで。
そしてナリさんがものすごい勘を発揮して、時計を見たら、開始まで後10分。
走る二人。
何事もなく間に合う。

駐車場に荷物を置きに行くと、係りのおじさんが、お疲れ様でした!
何の楽器ですか?と話しかけてくれたので、立ち話。
その後、帰りに向こうから走ってきて、次いつ演奏?
あ、その日休みだから聞きに行くね、と。こんなやりとりが嬉しい帰り道。

マザー牧場のスタッフさん。何だか関わる方々は皆さん気持ちよく接してくださる。
よく前振りの司会をしてくれるお兄さん。ジョンさんでしたっけ?
と話しかけると、いえ。チャーリーです。
チャライのチャーリーです。
と自己紹介してくれました。
ナリさんが横で、え!俺若い頃バンドでチャーリーって呼ばれてたけど、今納得!チャライのチャーリーだったんだ・・・。

マザー牧場での仕事をいろいろお聞きして、へー!へー!と楽しい時間でした。
帰りはもちろん、ぴーにゃっつをゲットしました。
もうサンバイザーに鈴なりです。
眩しくて下ろすと、ぴーにゃっつが沢山降ってきます。

20150324-201914.jpg

20150324-201929.jpg

20150324-201944.jpg

20150324-202004.jpg

20150324-202019.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui