馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 海を渡ってきました。- 2016/02/16 -

Category : BLOG

今朝は朝早く家を出たのに案の定、ラッシュに巻き込まれ、それでも10分遅れくらいで川崎にある小学校へ。

午前中と午後とで2校だと思っていたら、午前中2校でした。

(ここから先のエピソードは、二つの小学校入り乱れております。)

どちらも二年生。60人から80人ほど。

話しながら、言葉を選ぶ。

この言葉は小学校二年生にわかるだろうか?

言葉の解説してるよりは、モンゴルの話とかしたいなと思うので。

しかし、つい、うまがあう。

という言葉を使ってまい、知ってる?って聞いたら、知らないって言われました。

意味を説明してたら、なんでうまがあう、という言葉を自分が出したのか忘れました。涙。

先生が勢いよく、さあ、みなさん、遠くモンゴルから先生が来てくれました!

と私を紹介してくれました。

千葉から来ました。

とこたえると、

はい!海を渡って遠く千葉から来てくれました!

と再度紹介。

子供達、えーー!!!!とびっくりしている。

ヒソヒソと、絶対モンゴル人だよね。

絶対だよ。

と男の子達が話している。

普段のコンサートで、当然自分は日本人だと思っているので、話も、モンゴルにいって、モンゴルの先生に教わって、という話をしてる時点で、日本人だろ。となるわけですが、はなから、モンゴル人だと思っているお客さんは、日本語が上手ですね。

と最後に話しかけてくるので、ずこっ。となる。

そんな感じで、彼らは最後にどう結論ずけるだろうか、と、特に日本人ともモンゴル人とも言わなかったが、ついに質問コーナーで、出た。

モンゴル生まれの、モンゴル育ちですか?

と。

日本人です。

というと、えー!!!!

次の質問は、モンゴルで育ったんですか?

という質問でした。

どうしても日本人じゃないらしい。笑

そこから、なぜか質問が、モンゴルのことではなく、私への興味にかわってしまい、なんでモンゴル行ったんですか?

馬が好きだったから。

という答えに、

何色の馬が好きですか?

どんな顔の馬が好きですか?

なんで馬頭琴はじめたのか?

何歳から馬頭琴やってるか?

が止まらない。。

まあ、ひととおり、モンゴルの紹介をした後なので、いいのですが。

小学校で必ずといっていいほど、来る質問。

その馬頭琴は幾らで買ったのか?

これは、いつもまともに答えたことがなく、まともに言っても誤解がうまれるだけなので、その度になんやかんや説明はするのだけど、今日はいいことを思いついた。
羊100頭分!!

えー!!!!

話のもっていきかたでは、ずいぶんくらいついてきて集中もするけれど、ふとした拍子に、崩れるとざわざわが止まなくなる時がある。

低学年の場合。

そんなとき、もう、ゆっくりな曲を弾くと、はっと、集中する。

今回の二年生はすごくよく聞いてくれたな。

二年生がこんなにゆっくりな短くもない曲を何曲も聞いてくれるのかな。

というくらい。

なんか、面白かった。

自分が魔法使いみたいで。笑

弓でゆっくり空気をかき混ぜると、そのゆらぎに体を預けている子供達。

馬の曲を弾いたら、嬉しくって笑っちゃってる子がたくさんいた。

なんていうか、中に1人いつもこの子面白いな。って思う子がいる。

直感丸出しで、感じがいい。

そういうこの質問はドキッとするものが多いし、私が投げかけた質問にパッといいこと言う。

そんなやりとりをしていると、子供達がもうやだ。っていうまで、やりとりしていたいくらい楽しい。

なんでもいいから、仕事先での写真を撮ろう撮ろうと思いつつ、忘れることが多いので、うちのお馬さんたち。

家を守ってます^ ^

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui