馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 イタリア鉄道オススメ- 2016/03/23 -

Category : BLOG

誰に役に立つとも知れぬ、イタリアでの鉄道旅情報。

偏ってますよ。

そもそもベネチアとミラノのみに行く気でいたので、日本からミラノ空港発着にすればいいものを、計画きっちりしてないandそれが苦手なので、ローマ発着にしてしまった。

で、期せずして鉄道乗ること数回。

日本からネットで鉄道予約もできるのだけど、時間に縛られるのも嫌だったために(≧∇≦)

それもせず。

それに、時間設定して予約して買っても、どうやら当日時間が変わることもあるみたいなので、むしろその方が慌てそうと思いました。

聞くところによると、イタリアの鉄道、現地でのチケット買うのに長蛇の列であきらめたとか、プラットホームが変わったりしていろいろ大変だったとか、なんかあまり素敵な情報なし。

まあでも急ぐ旅でもなし。

このくらいの時間に列車にのって、このくらいの時間に目的地に着いたらいい感じ。

というのを頭に入れといて、乗りたい時間の一時間前に駅へ。

窓口は混んでます。

そしてなかなか進まない。

でも、ローマテルミニ駅もミラノ中央駅もベネチアサンタルチア駅も主要駅だからか、余るほどに沢山自動券売機がある。

そして英語を選択できる。

そして、わかりやすい。

分からなきゃ後ろや横にいる人に気軽に聞くと、代わりにやってくれたりしました。

出てきたチケット、車両と座席の指定がされたのかわからなくて、それも聞いたら、この数字がそうだよ。と教えてくれる。

ホームに入るときはとりあえず前の人の真似すると大丈夫。

とりあえず大丈夫でも、たまたま駅員さんがいたら、とりあえずチケット見せると、あっちだよ。とか、自動改札にピッと通してね。

とか、気づいてなかったことを教えてくれるから、とにかく聞きまくるか見せる。

チケットかって、電光表示板で確認すると、だいたいがプラットホームが決まるのが15分前。

もしくは10分前。

でも、逆にそれまでは駅のカフェスタンドで一休み。

15分前で充分間に合います。

なぜなら高速鉄道は二等車も全席指定なので、並ぶ必要なし。

それに、プラットホームは一から順に横に並んでるので、ほとんど改札は一つで、目の前に乗るホームが確認できて、よく分かる。

一等車の快適さは体験してませんが、二等車も充分快適でした。

未だに東京駅の方が確実に迷子になる。イタリア鉄道旅は簡単で快適でした。

高速鉄道しか乗ってませんが。

ということを考えると、EU圏の鉄道旅、なんかハードル下がって、できそうだなと思いました。パスもあるしね。

そういえば地上波のテレビは見れなくてBSだけ見れるへんなうちのテレビで、ヨーロッパ鉄道の旅、よく見てるけど、快適そうだけど、券買ったり予約したり、探したりきっと面倒か、分からないんじゃないかと思ってたけど、大丈夫だ。

ただ、パスは今回イタリアでは買わず。

イタリア鉄道、そんなに高くないのと、このぐらいの日数で、移動だと、パス買う方が高いかもしれません。

車内の景色は、ローマからベネチアサンタルチア駅間のローマからの前半が、丘の連なる田舎と、小さな城下町がよく見えて素敵でした。

ベネチアサンタルチアからミラノ行きも大きな湖が見えます。

ミラノからローマの景色はイマイチでした。

というか、ローマかあ。とテンション下がっていて、列車ではほとんど本読んでいたので、たまーに顔上げて外みただけなのですが、その度に平坦な特に風光明媚でもない景色でした。

駅にはパニーニやサンドイッチが買える売店があるので、それを買って列車に乗って、途中で食べる。

鉄道の旅だとホテルは駅近いのが便利です。

体力があるなら、スーツケースではなく、背負えるザックがおすすめ。
特にベネチアは石畳や小さな階段がたくさんあるので、スーツケースで移動してるのはどこでも不便そうでした。

スーツケースならなるべく持って歩く前提で小さく軽いのならいいかもしれません。

そういえばザックでも、車輪が付いてて、引きずれるのがあるけれど、あれの使い勝手はどうなんだろうか?

ホテルはどこも11時チェックアウト。チェックインは2時。

ホテルをゆっくり出て、大きな駅だと見るものもいろいろあるしお茶して時間もつぶせるので、目的地には2時頃着くようにすれば、目的地ですぐホテルにチェックインして、荷物を置いて、一休みして散策に出れるのでちょうどいい。

ローマからベネチア。

ミラノからローマも3時間半くらい。

何度もいいますが、鉄道旅ならホテルは駅から歩いてすぐがいいです。

迷わないし、疲れずに済むし。

ベネチアは、サンマルコ大聖堂の裏手のホテルが便利でしたよ。

町中ごちゃごちゃに歩き回っても、サンマルコ大聖堂あっち。という看板があちこちにあるので。

それと、ベネチアサンタルチア駅から、サンマルコ大聖堂行きの運河の船は沢山ルートがあるし、それでもって、ベネチアの運河を楽しむこともでき、ホテルから朝ご飯前にサンマルコ大聖堂に散歩すると、誰もいなくて、景色もいい。

ちなみに地下鉄は、ローマはオススメしないと、知り合ったローマの女の子が言っていて、バスの方が観光にもなるし快適だそうです。

ミラノの地下鉄は、主要ルートが3つと、入り組んでなくてわかりやすく、券売機と自動改札が若干気まぐれでしたが、何かと親切な人が手助けしてくれるので、問題なしでした。

小さな情報としては、大きな駅の朝の時間帯だと、売店が混んでいて、サンドイッチなどこれ欲しい!というのには、とにかく大きな声で、スクージ!というと振り向いてもらえる。

そして、ちゃんとオーダー聞いてくれます。

カフェスタンドでも。居酒屋でも。

わりとスタンドの人が、どの人が先だったか見ていて、それなりに順番で聞いてくれる。

レストランでもショップでも駅でも、とにかく聞くと、なんやかんや親切に教えてくれます。

私の語学力はほぼ単語ですが、それでも大丈夫。笑

  
  
また機会があったらヨーロッパを鉄道で旅してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui