馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 誰なのか思い出した瞬間。in遠野- 2016/06/14 -

Category : BLOG

そうそう。可愛い女の子だった。

このご縁を取り持ってくれたのは。

でも名前はジョン。自分でも犬の名前?って言ってたけど、本名ではありません。

毎年、栃木の那珂川町(旧馬頭町)の山の棚田で馬頭琴のコンサートを企画主催している(木工のヒロクラフト)廣田さん家族の応援をしている大学の先生が、教え子のジョンに、棚田コンサート行こうよ!と誘ったところ、すごく行きたかったのに予定があって行けなかった。

なので、「馬と暮らすまち遠野」のゲストハウスプロジェクトに参加している彼女は、モンゴルのゲルがなぜかあるこのゲストハウスにて、美炎の馬頭琴を聞きたい。

と思ってくれて、「馬と暮らすまち遠野」の代表、伊勢崎さんに話がいって、いいね、やろう。

となったけど、誰が来るかはピンと来てなかった。なので、時間の経過と共に忘れた。たぶんそういう話。

  
(受付で青い帽子をかぶっているのが、ジョン。

CDとポラリスステッカーをしっかり売りさばいてくれました^ ^)

この受付を通らずに山の全方向からお越し頂いた地域の皆様。

「馬と暮らすまち遠野」の高橋さんが、パニックになってました。笑

その栃木の棚田コンサートの主催、廣田さん家族が、遠野のゲストハウスを巡るまち作りに、私のフェイスブックでの投稿により、興味を持たれたのと、いつも主催でゆっくり演奏を聞けていない。

同じ野外コンサート。

それも地域の人による、地域のための。

そしてこの地域の良さを外の人に野外で音楽をすることによって、イベント全体の雰囲気から感じてもらい、また外からの人が喜んでくれたことによって、地域の人がここの良さを再発見する。という循環型コンサート。

と、私は今名付けました。

共通点がいくつもあることもあって、遥々遠野コンサートへ来てくれました。

終演後。廣田さん家族と。

今年も10月16日に棚田コンサートでお世話になります^ ^

  
実は棚田コンサートでは、谷の下にお椀状に棚田があり、天然の石舞台と、天然の岩の反響板があるので、馬頭琴生音なんです。

こちらの遠野の牧草地も、なかなか響きのいい場所でしたが、風の吹く方向も考えて、音響をどうしたもんか悩んでいましたが、廣田さんが毎年キーボードで使う電源確保の方法を、教えてくれて、また、遠野に移住されたお医者さんでもあり、バンドマンでもある菅原さんが、なぜ持っているのか?という機材を持ち込み、操作とバランス全てを担ってくださり、無事、山の遠くまでいいバランスでお届けできました。

  

 
このブログでも散々紹介してきた、こちらのお馬さん、シバ、ハル、フウの三頭の尻尾の毛を使って馬頭琴を弾く試み。

遠野の馬の尻尾の馬頭琴音色
こちらから↑ぜひお聞きください。

  
弓は馬主の菊池さんが作ってくれました。

この杉の木も、馬搬で山から降ろしてきた木材使用というこだわり!!

ちょいアクシデントもありましたが、皆さん喜んでくれて良かったです。

次回また改良します!

  
日光に当たらないように涼しい所で出待ちのフウ、シバ、ハルの楽器。

  
こちら、モンゴルゲルです。↑

えっ!?

そう。去年の雪の重みで潰れて、残った天窓枠とドアのオブジェ。

充分素敵ですね。

ここで少し時間を巻き戻し。

私達3人(キーボード竹井美子さん、ドラム前田仁さん)は朝四時に千葉を出て、運転ローテーションしながら常磐道を北上。

みちみち、浪江町や相馬の原発事故のあたりでは、窓から広がる光景に胸が締め付けられるようでした。

ここを通ってからの今日のコンサート。

こういうことも、だから何。と分析も自分ではしないで、ただ今日感じたものを大切に、音楽にのせたい。

相馬のサービスエリアでは馬のものが沢山あって、すでに興奮状態。

竹井さんに、ドウドウ。とたしなめられてました。

私は馬か。

どこか近くなったら、広いサービスエリアで、化粧するのを、忘れないように!!と忘れないように皆に宣言しとく。前田さんも、僕もひげそりをそのタイミングでします!!

ということで、ちゃんとして現地に乗り込む気合い。

普段の演奏のお仕事ではもちろん、家を出るときには出来上がってるのですが、旅。山。となると、つい。。

で、あれよあれよという間に遠野。

しまった、サービスエリアない。

いや、確か道の駅があった!!

その自分の言葉を信じて、現地の住所が見つからないまま、あ、あそこの山みたことある、あ、あの山とあの山の陰の部分だ!と野生の勘が働いたことで、着いてしまい、そこに代表の伊勢崎さんも、今回の企画で東京からいらしたスタッフの方々とも、挨拶を。

ついに間に合わず。

私は木陰の控え室で。

  
前田さんは絶景のポイントで。

竹井さんはいつも完璧です。

あ、もう写真が入らない。
次回をお楽しみに^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui