馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 泣くおじさん- 2016/08/29 -

Category : BLOG

濃いなーーー

なんか、知ってるこの空気。

どうしてだか思い出せないけど、なんだか初めてではない感じ。

清里で乙女達と別れてから、高速道路を長野方面へ。

途中諏訪湖のサービスエリアでは必ず温泉に入る。

それから再度出発。

雨だ。雨のノボリクダリの高速道路はなんか危なくていやだ。

そう思いつつ、慎重に松本市目指して。

久しぶり一人で移動。

高校時代の先輩が松本市で農業をやっていて、そのイベントに呼んでくれたのだが、Facebookのやり取りしかなく、Facebook機能のメールのやり取りができるメッセンジャーがなぜか清里に来てから機能しなくなり、多分夜八時頃着きます!

というメッセージを最後に途絶える。

ナビで出ないかも。という情報に、住所を打ち込んだものの、不安。

この車のナビ、なんでここに案内したの??

っていう、一体誰に呼ばれてしまったのか?

と思わず思うような変な所へ案内することがたまにあるのだ。

山の中腹という見当のみ頼りに。

ここ絶対違うよね。

というあまりに細い山の中へ行くうねうね道に案内され、何もないところでナビ終了。

泣きそうになりながら、先輩の電話番号も知らないし、宴会してるというから酔って、Facebookへのメッセージに気づかないかもしれない。。

同じ住所を打ち込んだのに、また全く違う山の中に案内されて再びナビに放置されたところで、先輩が気付いてくれて、無事たどり着く。

中山東花園。

真っ暗の半外な感じの屋上温室の中で皆さん良い具合に出来上がっていらっしゃいました。

いらっしゃーい!

と歓迎してもらい、合鴨の心臓や鯨の焼肉など、不思議なものをいただいて、自家製の梅酒をいただく。

先輩の菅谷さんは、私が一年生の時の三年生。

皆さんが、なんで?どんな接点があって、美炎さんを呼べたのか?

と不思議がるので、菅谷さんが、まあ実はそんなに親しくはなかったけどもね、三年男性に普通は一年女性は憧れるものだけど、この人はそういうの関心なかったから。というような話のくだりで、

あ!!菅谷さん、同じ畜産部でしたよね!

と私が接点を見つけて言うと、

俺、園芸部だから。

と。

あ!誰かと間違えてるな!と皆さんが笑うので、なんだかもうその日の宴会は、その話題でひとしきり。

大笑いの絶えない宴会。

老いも若きもどうも、皆さんひとくせあるような個性的な人達だ。笑

そんななかでも、何となく、皆さんがどういう繋がりで、この会がどういうものかおぼろげながら分かってくる。

いつもイベントの時にギターの弾き語りをしている会のメンバーのユージさんが、あ!美炎さんあと15分遅れてたら、高速道路事故で通行止めだったよ。

と携帯に来た緊急連絡を見て教えてくれる。
とにかく、明日は外にこの日のために作ったステージで、なんとしてもやりたい。

雨よふらないでくれ!

菅谷さんの並々ならぬ、このイベントにどうしても馬頭琴美炎を呼び、イベントを成功させる!という夢だ。という熱意に、私も、もう本当に晴れてくれるしかない。。と思いつつ、まあとにかく、どんな状況でも絶対喜んでもらおうと思う。

というところでお開き。

先輩の菅谷さんが、私のためにお付きのものを用意したと、ゆかちゃんを紹介してくれ、この二日間はゆかちゃんとこのイベント会場でもある、会の本拠地の家に寝泊まりする。

ゆかちゃん、天然記念物並みに笑顔の素直な可愛い女の子。

わたくし幸せ。

次の日、まだ早い中ゆかちゃんが、そーっと起きて、どうやら朝ごはんを支度してくれている。

二度寝した私はゆかちゃんにそっと起こされて、朝ごはんできましたよ。

食べましょう。

と言われ、外に出ると、雨の気配はない。

曇ってはいるが、少し晴れそうな気配もある。

やった!

良かった。

菅谷さん夫婦が作っている農園のブルーベリーを卸している松本市内のパン屋さんのパンと、ご自慢の手作りブルーベリージャムと、ゆかちゃんが作ってくれたスープとコーヒーとで2人で朝ごはん。

こんなお嫁さん欲しいです。

おしゃべりしながらゆっくり食べていると、アレヨアレヨと言う間に会の皆さん到着。

農家の方々は朝早いですなー!

慌てて私も到着した前座で弾き語りをするユージさんにPAをお願いして、カラオケのバランスなどとってもらう。

さて、

いろんな方と少しずつお話するうちに、すぐステージの下にお馬さんたちがいることに気づく。

そして、馬主のおじさんがまたとっても個性的な方。

ポニーはサラブレッドでも中間馬でも誰とでもやるから、どんなのが産まれてくるか楽しみだよ。

出来てると、もう拒否するから、出来たのがすぐわかるよ。

不思議なことに、絶対木曽馬は、他のとやらないんだよね。

拒絶するの。

ポニーは軽いの。

どうもポニー伊藤です。

とご自分をついでに紹介。笑

下にいる一頭をコンサートの時に横に連れてきてくれた。

コンサートしながら、たまに聞こえる馬のいななきと、横に見えるお馬さんにテンション上がりながら、皆さんの並々ならぬ、今日のイベントに向けている期待感を感じ、いい風よ吹いてね。

と祈りつつ、演奏。

農業体験で親子30組が集い、また近隣の方々や、会のサポートメンバーなど、老若男女。

皆さんの気持ちが一つに集まり、私の音に集中してくれているのを感じながら、だんだん晴れて日差しが出て、風が吹いて袖が揺れるのを楽しみつつ、一曲、一曲。

この時間が私には、何よりも愛おしい。

今日だけの音。

今だけの時間。

今だけの人の輪。

同じ時間はもう二度とない。

終わった後の皆さんの笑顔も本当に素敵で、尽力してくれた菅谷さんに、それに協力した沢山の会のメンバーの人たちのお陰なんだなとしみじみ思う。

地主のおじいちゃんが杖をつきながら、ステージにきて、馬頭琴のことをいろいろ聞いてくれる。

馬主の伊藤さんが、俺は馬に乗れるから、馬頭琴弾ける!といって、少しおしえると、ほんとに弾けてる。

うん。すごい。

弾き語りのユージさんは、本当に神経つかって、PAをこなしてくれて、何とか少しでもいい音になるように汗をかいてくれ、最後にアンコールでは無茶振りに答えて共演してくれました。

で、伊藤さんが、私のところに来て、美炎さん、来年は俺が個人的に頼むから、今度は絶対共演者連れてきて、生伴奏でライブしてほしい。

と。

いうことで、来年がもう菅谷さんを置いて先に決まりました。笑

その日の夜の宴会で、皆さんが、伊藤さんさ、ライブの時にビール片手につっ立ったまま、涙流して泣いてたよ。

俺も泣きそうになったけどがまんした。

という話をきいて、伊藤さん!!!

ってなりました。

目をつぶって音を聞いてると風を感じるんだよな〜

と言ってくれた感想に、外でできて本当に良かったなと、ステージをつくってくれた菅谷さんにまた感謝でした。

みんなが後片付けしてる中、菅谷さん命令で、ゆかちゃんに連れられ、一押しの温泉へ連れて行ってもらう。

ゆかちゃんも初めての浅間温泉街。

たくさんある温泉旅館の中からオススメの枇杷の湯が果たしてみつかるからうろうろしてると、あった。

それがすごく素敵な古い和風旅館。

サルスベリの大木。花がゆれている。

なんと1617ねんくらい由来の温泉。

ふと、玄関横の広い上がりに涼んでいるご夫婦を見やると、なんと有名な二胡奏者のジャンジェンホァさんと琵琶奏者の旦那さんではないですか。

数年ぶりの再会にお互いに驚く。

そんなこともあるのね。。ゆかちゃんと風呂上がりにジェラートを満喫して、また戻る。

するとお母さん達が用意してくれた宴会の食事ができていて、夜遅くまでまたいろんな話を聞いたのでした。

それにしても、皆さん、私がまさかこんな所に来てくれるとは思わなかった!というのは、何か勘違いされているような気もしましたが、私こそ、皆さんのお仲間に入れていただいて、来年もまた来てくださいと言ってくれることがどんなに嬉しいことか、珍しく熱弁して、みなさんと別れ、

ゆかちゃんとまた2人で眠りにつく。

次の朝、またゆかちゃんに、朝ごはんですよー。

と起こされ、外にでると!

アルプス一望!

あー早く今度はキーボードとパーカッションの生演奏で一番いいものを皆さんに聞いてもらいたいな。と山を見ながら思う。

早く来年にならないかなー。笑

   
    
    
    
    
   

ところで、菅谷さんがつくってくれた今回のライブのポスター。

皆さんに、この写真の合成うまくできてるね!と褒められたとか。笑

いえいえほんものですよ。

  
それにしても、中山東花園の取り組み、素晴らしいです。

栃木の山の棚田コンサートを筆頭に、岩手の遠野といい、皆さんの地域を思う気持ちと、外から来る人へのおもてなしの心。

素晴らしいなといつも思います。

私は本当にただ弾くだけですが、それが何かのお手伝いになることがとても嬉しいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2020 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui