馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 死んだ馬に- 2017/05/18 -

Category : BLOG

「死んだ馬にまたがっていることに気づいたら、最善の策は馬から降りることだ。」 
こんなネイティヴアメリカンの言葉を見つけた。

なんかわかる。

必死になって跨って、どこかへ行こうと乗っていても、どこにも辿り着かないばかりか堂々めぐりになっていて、気は焦るばかり、もしかしてと馬をよく見たら死んでいる。

そしたら、本当に降りるしかないよね。。

馬を見ることをしない方が多いのかもしれない。

死んでる馬だと気づきたくない。

降りなきゃいけないから。

降りてどうするんだろう。

あてもないのに。

ってなことで、どんな馬か見たくない。

きっとこの馬はどこかに進んでるんだ。

頑張って乗ってるんだから。

って、死んだ馬に必死に跨っていたとしたら、悲しすぎる。

でもそんなこと起こりえるってよくわかる。し、経験もある。

ある時、ふと俯瞰してみたら、ものすごく自分が道化師のようだったって、笑えるんならいいか。

そんなこと繰り返して、だんだん馬を見る目が養われて、行きたい方向を見つけて、行けるようになるんだな。

馬を見る目を養うなら、やっぱり今乗ってる馬を確かめなきゃね。

降りなきゃ次の馬は見つからないから。

死んだ馬に乗ってたって、死ぬときに気づくのじゃ手遅れだ。

今ならまだ走れる。

うんこドリルが巷で話題になっているが、馬ドリルだったら私も勉強やる気になるかもしれないや。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui