馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 新しい春・風の国- 2018/01/01 -

Category : BLOG

大晦日

実家の大掃除で二つの見つけ物。

一つ、行方不明だったシュトーレン。

一つ、行方不明だった私のパスポート。

元旦にシュトーレン食べるなんてトンチンカンな我が家にぴったりの出来事でした。

熟成されて美味しい。

その後はやっぱりお雑煮食べました。
パスポート見つかったので今年は海外行くぞ!

そして、

新しい年になりました🎍

1月1日本日発売の現代農業。

馬頭での棚田コンサートの記事と写真、数ページにわたり紹介しています。
現代農業の編集長の石川くんは山形の山奥の全寮制の高校の時の遊び仲間。お互い、村のおじいちゃんおばあちゃんに、昔の暮らしの話や、村の風習など聞くのが大好きで、授業をサボってこっそり遊びに行く程でした。

その頃から、妙に人の話を聞くのがうまかった。

山形から東京まで歩いて旅して帰ってた仲間でもあり、卒業しても青森から再び一緒に歩いて旅したり、今も変わらず日本全国を飛び回っている訳ですね。
取材は編集長らしく、自分は来ないで人を使っていましたけれども(笑)
今年も様々な場所から様々なコラボレーションで音楽をお届けします。

どうぞよろしくお願いします。

   
   
3日からメンバー集まっての曲作り。

出来たばかりの新曲を仕上げて1月8日の君津市民文化ホールと1月14日の千葉市稲毛区、フレスポ稲毛の新春コンサートにお披露目したいところです。

発表がまだなので詳しくは言えませんが、2月には千葉市内のとあるところで演奏します。

私も初めての経験。

かなりワクワクしております。

新曲ですが、こちらは3月11日に南房総市ギャラリーsfk にて正式なお披露目です。

3月10日は里見の日。

新聞小説で連載してきた里見一族の歴史小説の挿絵を描いてきたギャラリーのオーナーでもある山鹿公珠さん。

その挿絵の最後の回の百枚を展示。

小説家の夢酔藤山さんや里見に所縁のある方々も集まります。

夢酔さんが、里見一族の歴史物語を大河に推す活動をされていて、そのための曲を作って欲しいということでした。

新しい曲のタイトルは

風の国〜仁〜

仁は里見が一番大切にしていた教えだと山鹿先生が言っていました。

   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui