馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 イスタンブール- 2018/01/30 -

Category : BLOG

映画「猫が教えてくれたこと」

イスタンブールが舞台。

見終わって、猫をこんなに愛して認めてる街があるんだなって感慨。

イスタンブール全体で野良猫と共存してる。

行ってみたいと思った。

思えば私も生まれた時には家に猫がいた。

猫がいなかったことはなく、多い時には十数匹。

猫は兄弟だったし友達だった。

泣いてるとき、猫はそばに来てくれた。猫に慰めてもらった。

「叱られて、相手になるのは猫ばかり。」

小学生の頃の句。笑。季語なし。
イスタンブールにだってもちろん猫嫌いな人がいるんだろうけど、街全体で猫好きの人も猫のことも受け入れられてる。

猫に救われたって言ってる人が結構いて、猫を可愛がるだけじゃなくて、猫の自主性、野生を認めて、彼らが必要としてくれているときに相手している。

野良猫とこんな風に付き合える街なんて、本当に豊かな文化だなぁ。

買い物にお店に行った時、お腹すいてカフェやレストランで、市場で猫に会えたらどんなに素敵だろうな。

そこには、お店の人のようにそれぞれの個性、性格があって、挨拶するだけの関係だったり、じゃれ合うことができたり、姿を確認するだけだったり。

何より、人が猫を可愛がってる姿にまた癒される。

今年のはじめはもう一本見た映画。

「エンドレスポエトリー」

これも良かった!

なんか沢山勇気もらったし、やっぱり人って愛らしいと思ったし、人生やっぱり素敵だと思った。

芸術に進む人っていうのはなんか子供の頃から他の人と共有できない何かがある。

孤独をずっと感じてる。

でも人一倍それを伝えたいと思ってる。

そうやって生きてきた人やその人の表現から愛おしさや、勇気や刺激をもらえる。

そうだよね。

人間ってそうだよね。

って、我にかえる。

その道のりはとても苦しいことが多いけど、それさえ素敵だと思える。

みんながそれは違うよ。

そっちじゃないよ。

あるいは全然興味を持ってくれなくても、自分にとって必然であれば、他に理由なんていらない。

その時はやってみて、意味がわからなくても、後に生きてくることもあれば、やる前から意味がわかってる時もある。

いい映画を見て、本を二冊買って、好きなカフェで美味しいものを食べた。

いい日だ。実に。

そして色んなことを夢想した。
   
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui