馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 コーヒー一杯のお話- 2014/10/03 -

Category : BLOG

今朝はハワイの100パーセントコナコーヒーが飲めるお店で一服。

コーヒーはもともとブラックで飲んでいましたが、本当の美味しさに目覚めたのは、友人がハワイのコナへ行った帰りにうちに寄ってくれたのがきっかけ。

彼は親戚でもありますが、なかなかに面白い。学校は小学生の時から自分の意思で行かず、絵を描くのが好きで、なかなか面白い感性の絵を描くのですが、私がホワイトバッファローの作品を作った時にチラシ用に素敵な絵を描いてくれました。

彼が14歳くらいの時に一緒にモンゴルに連れて行って、なんか一皮むけたよう。それから海外に一人旅に出る事が増えてアラスカへ行った時に出来たご縁でハワイ島のコナのコーヒーの自然農園で収穫を手伝って、その帰りに自分で収穫して焙煎したコナコーヒーをお土産にくれたのです。

自然農園だから、コーヒーの木の間にアボカドやら果物の木があったりして、それが熟れるのを小動物ととりっこしながらの生活だったよう。売り物にならない不揃いの豆を焙煎して持って来てくれました。

それをありがたく挽いて、美味しい入れ方のコツとかあんまり知らなかったのですが、きっとこんな感じというところでもって、一番美味しくはいるように念じながら。笑

いれて飲んでみたら、なんですかこのなんの抵抗も違和感もなくすーーーっと身体に入っていく心地よさは!

パワードリンクだ。これはなんていうか、もうありがたいお飲物。これを独り占めしちゃいかんと、コーヒーといれる道具一式持って、三軒くらいまわっていれて一緒に飲んだかな〜。

彼と彼のおばあちゃん。私の大叔母の所に遠出して、彼からハワイ島での暮らしぶりや、イルカたちと葉っぱをボールに見立てて一緒に遊んだ話や、面白い方法で絵を描く人に出会い、描いてきた絵をみたり、そしてみんなで見守りながら、貴重な豆を挽いていれて飲んだその時間が、いま思い出しても、狭い部屋がハワイの空気で満たされていたなーと思うのです。それから数年して大叔母は亡くなったから、あの時間が持てて本当に良かったなと思うのです。

コーヒー一杯のお話でした。

20141003-111735.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui