馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 実は- 2017/10/20 -

Category : BLOG

春の久留里千年の森コンサートも雨でした。

マザー牧場も割と雨でアグロドームで演奏した記憶の方が強い。

八街での花火大会でも雨。

岩手のお盆をまわるツアーでも連日雨で、ついに棚田も雨。

なんかね、馬頭琴、湿気に弱いっていうの、気にならなくなってきた。

確かにああっだんだん鳴らなくなってきてる。。。

っていう時ありますけれど、こちら側にものすごい気合があると、通じるのか楽器が不思議と鳴ってくれるってことがあります。

棚田なんかはもろにそう。

一曲目を弾きだすまでは、ギリギリ雨もってた。

前日からザーッと降ったりせずに、もちこたえていて、時折雲が薄くなり薄い青空が見えたり、前日の夜の露天風呂では沢山の星が見えて、あまりにも嬉しくてずっと眺めていたら流星まで見えて、こりゃ棚田でできる!ってなんか涙まででてきた。

で、弾きだした途端、ザーッと。

ずっと我慢してたけど、だめだったーー。

みたいな感じに思えた。

私と主催の廣田さんの心の中の音を拾ったら

がーーーーーーーーーん

がーーーーーーーーーーん

がこだましてたと思われます。笑

お客さんとスタッフの人に申し訳なくて、心の中が一瞬ぐちゃぐちゃになりそうであったが、もうそんなこと言ってられない。

何があってもこの雨の中、きた甲斐があったと、少しでも思ってもらえるように。

それだけでした。

ここに書けば、書ききれないほどに、どの曲にもいろんな事が起こってました。

私とキーボードの竹井美子さんとドラムの前田仁さんは、それぞれがそれぞれに、まず、普段のコンサートでは起こらない、様々なことがあって、それをいちいちこなす事で精一杯。

きっと、雨はもってくれるだろうと、たかをくくっていたために、心構えができてなかった事もあったかもしれない。

そんな湧いてくる心の叫びを諦めながら、慰めながら、それでも雨音と、身じろぎせずにずっと聞いてくださっているお客様の様子に、弾いてる間は自然と集中することができました。

最初の一振りで楽器が濡れたために、音が出なくなっても何ら不思議はなかったのに、出てくれた。

寒い中なので、MCは極力少なくして、休憩になると、だーっと皆さん棚田を後にされたので、ああ、帰られるのかな。

それは仕方ないなと。

小さなお子様連れの方と、お尻が濡れてしまった方と帰られたということでしたが、ほぼみなさん戻って来て、申し訳ないのと有難いのとで泣きそうになりました。

皆さん、傘を持っていたので、拍手ができないのですね。

それで、パチパチパチと、口で言ってくれた方がいました。

私はそんな事も気づかなくて、あれは傘持っていたから、拍手ができなかったのだと、後で前田さんが教えてくれました。

それでも、聞いてくださってる方が、楽しんでますよ。となんだか舞台の私たちに伝えてくれていると感じ、主催の廣田さんと、始まる前に、これで雨が降ったらいったいどんなお叱りを受けるか、廣田さんが、そういうのは全部私達が受けますから。

と話したことを、終演後、皆さん暖かい言葉をかけてくださり、廣田さん達と、暖かいお客様達だったね。

お客様に救われたね。と話したのでした。

廣田さんの娘のモエちゃんは、フェスみたいで楽しかった!と。

そして今回の目玉は前田さんの雨も滴るいい男ぶり。

いや、滴るどころではありませんでした。

石舞台の上のテントの下にはパーカッションセットがあり、石舞台のしたのドラムは雨水がたっぷり溜まっていました。

コンサート前半はわりとパーカッションのプログラムだったので、前田さんに、ずっとパーカッションでいいよ。と伝えたのですが、前田さんは黙って頷いていたのですが、

ふとレッドロックスピリットを演奏する時に、気づいたら前田さんは前のドラムの前に座っていて、最初のドラムの勢いの良い出だしから思いっきり、逆シャワーを叩くたびに浴びているではありませんか。

目が釘付け。

これは、なんかCMでしか見たことのない。あれですか。

これは一生に一度の光景かもしれないと。

ただ見惚れていたらいかん。ここで私がヘマしたら水の泡じゃん。と

釘付けになるのは途中で諦める。

本来なら大事な楽器がずぶ濡れで、申し訳なく思うのが普通なのだと思いますが、もうこの状況ではある状況をなるべく楽しむしかなく、前田さん、かっこよすぎる!

今日の目玉だわ。と思いつつ。

後から、ドラムって濡れても大丈夫なんですか?と聞かれて、いや、大丈夫じゃないです。

とにこやかに応えてましたが、

全てを分解して乾かし、後日組み立てて磨くという作業をもちろん私もお手伝いし、生まれ変わったかのように綺麗になって、音も大丈夫でホッとしました。

今回、こちらから頼んだ撮影の市田さん。

ドラムの前田さんの大学時代の軽音部の同級生で同じドラム。

学生時代に、河原でふたりで叩いていたら、急に夕立にあい、全てが間に合わなくて、土砂降りの中叩いたことがあったそうです。

あれ以来だね。ってふたりでにこやかに語ってました。

竹井さんのキーボード。

前半のプログラムの真ん中あたりから、不思議な音を出すようになり、帰りの車の中で奏者三人で、お客さんにもスタッフにも明かせないような裏話をあれやこれやと話しつつ、爆笑しながら帰ったのですが、あのキーボードの突っ込みは、宇宙人的感性だったと意見が一致。

まるでありえない場面でありえないキーの音が入ってくるので、最初は笑いを堪えるのに必死でしたが、

もうあとは、なに食わぬ顔でみんなで弾きました。

気付いた方もおられるでしょうが、あれは竹井さんの名誉に断じて、キーボードが勝手にやっていたことでした。

もちろんMCでもさらっとお伝えしたのですが。

そんなわけで、ロンドンデリーのうたは、クライスラー編曲でピアノがとても華やかなので、断念。

しかし最後のオリジナル曲のポラリスでは不思議と変な音が出ずに乗り越えました。

竹井さんのキーボードですが、お部屋で乾かしたところ、ちゃんと復活したそうです。

良かった。。

竹井さんはもう何年ものお付き合いで、各地をまわるたびに、竹井さんのピアノっていいね。大好きと言ってくださるファンがあちこちにいて、前田さんはまだご一緒してくださるようになって2年目ですが、早くも前田さんファンが確実に増えているので、嬉しいかぎりです。

三人の息を褒めてくださるのももちろん嬉しいですが、何気にメンバーを褒めてくださるのも、私の力じゃない癖に、自分が褒められているような気持ちになってしまいます。

で、

全体通してあまりにも無我夢中だったので、帰りの車の中で、三人で振り返るまであれは良かったのが悪かったのか分からず、終わった後打ち上げでもボーゼンとしている感じが続いていた。

ただ、色んな人から私宛にメッセージが届き始め、雨の棚田で聞く演奏は格別だった。

という感想なので、それも含めて夢だったのかしら?と思ってしまう。

ただ、一つ思ったのは、棚田コンサートを支えてくださる沢山のスタッフ、そしてそれは気に入って来てくださるお客様も含めて、本当に棚田コンサートが愛されて支えてもらっているんだなぁということです。
なので、奏者は文字通りやれるだけの演奏をただ、ただやればいいのです。

こんな有難いことに改めて気づけたのでした。

きっと、弾いた途端に降り出した雨は、当たり前だと思うなよという私へのメッセージだったかなと思います。

もう雨なんて怖くないよ\(^o^)/

さてこのメンバーで21日土曜日は京橋エドグラン地下一階の大階段でライブ。

観覧無料!

16時から

17時から

40分づつ。

  
棚田の廣田さんの奥さん、ミチカさんが「美炎さん、私はレッドロックスピリットとグラスランドとダンスインアリゾナが大好きなんです。」えっ。全部ロックじゃん!!

「あっ、マグノリアの願いも好きです。」

と付け足されてましたが、なので、ダンスインアリゾナは提出していたプログラムに書いてなかったので、リクエストしようかなと思っていたそうです。

実はあれは私もやりたくて、でも曲が入りきらなくて断念したのですが、終演後に、お客さんにご協力いただいて、ドローンを飛ばしました。

ドローンの音が100匹のアブが飛んでるような音なので、コンサート中に飛ばすわけにいかなくて、ダンスインアリゾナならいいかなと思って弾いたのでした。

それでミチカさんが喜んでくれたのですね。

ダンスインアリゾナ。ドローンに負けてませんでした。

ちなみにこの曲は新しいCDに収録されています。

21日の京橋エドグランでも販売いたします。

日曜日22日は、南房総市滝田にあるギャラリーsfkにて14時よりこのメンバーでライブです。

なので期日前投票しました。

11月は名古屋と飯田と岐阜と長崎に参ります!

写真はツイッターで繋がった同じ名前のミホコさんが撮ってくれたものです。

一番下は那珂川町にアトリエのある現代美術画家の岩本拓郎さんのアトリエにて。

奥様の浄土紀久子さんの染めの着られるスカーフ。

こちらを今年も着させていただきました。

岩本さんによる撮影も、紀久子さんの日本橋三越での展示会パンフレットに載っています。

(10月21日より日本橋三越にて)

そして、今回の着られるスカーフの下の白いビスチェは、ギャラリーsfkの山鹿先生に頂いていた着物の振袖の袖を、美・JAPON の小林栄子先生にデザイン制作してもらったものですが、私の髪の毛が邪魔で肝心なビスチェの梅と松の刺繍が見えません。。
別の機会に改めてご披露できればと思います。
   
    
    
    
 
  

この記事へのコメント

You can leave a reply or Trackback this post.
  1. こんにちは、肖像画の益子です。雨の棚田コンサート大変ご苦労様でした。今回は、家内と二人でいきました。家内は大田原でも山の中育ちなので子どもの頃の通学路を思い出したと言いながらコンサート会場に向かいました。雨を予想し完全装備で行ったので雨などはへっちゃらでしたよ。それでも一曲目から雨が降ってきたので最初は、楽器が雨に打たれているのが気がかりであまり音楽が耳に入りませんでした。。後半はだんだん音楽も乗ってきて前田さんの逆シャワーがあったり雨の棚田コンサートしか味わえない素晴らしいコンサートになりました。家内は馬頭琴の音色もいいが美炎さんの歌声にに感動していました。帰りにご挨拶と思いましたがちょっと急ぎの用事が出来てしまいCDを買って帰りました。来年も楽しみにしていますので(雨ニモ負ケズ)頑張ってください。
    ドローンを飛ばして演奏をいているシーンをipadで動画撮影したのですがユーチューブに載せても宜しいでしょうか

    • ありがとうございます!
      頂いた棚田で演奏の肖像画の絵ハガキは、雨の日ごめんなさいサービスということで、お客様にプレゼントさせていただきました!
      ありがとうございます!
      みなさん喜んでくださったと思います。
      感想ありがとうございます。廣田さんにも伝えます!
      ドローンのYouTube投稿よろしくお願いします!
      歌は、、精進いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2017 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui