馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 馬追いのひとびと- 2014/10/09 -

Category : BLOG

今日は馬の話をあちこちでたくさん話した気がします。
午前中は千葉日報さんの取材で、はじめは普通に馬頭琴を何故はじめたのかというようなものだったのが、

チャリティーCDの話から震災の話になり、そこから話はいろいろなところへ。

千葉の人達が震災でとにかくどこかに手伝いにいこうと、とりあえず決めたのが相馬。いってみたら相馬の人達が本家が助けに来てくれたと大歓迎。千葉の人達はなぜか理由がわからず。

相馬の人達によれば、その昔千葉の千葉氏が馬をたくさんもっていた。千葉は松戸や八街、富里など、野生の馬を追い込む地域で、その馬を放牧していた地でもある。

そしてその馬を戦にたくさん提供したので新しく土地をもらいうけたのがあちこちにあるらしいのだが、その一つが相馬。千葉氏の子孫がたくさん移り住んで相馬に根を下ろしていた。相馬の馬追い祭りはその千葉氏ゆかりのものだという。

馬好きのため、相馬の馬追い祭りはいつか見てみたいと思っていたら、千葉とそんなゆかりがあるんですね。ちなみに今度津軽三味線とのコンサートでは相馬節も津軽三味線と馬頭琴のデュオでやります。

ということでなんだか、相馬とのご縁がある気がします。

午後は車をすっ飛ばして八王子の車人形さんの稽古場へ。

前回、車人形の五代目西川古柳さんの公演を見に行って終演後、お会いしたらば、あーその顔はなんか企んでるでしょ!と言われました。笑

実を言うとあの時点では企んでなくて、やりたいな〜という淡い想いだったのですが、古柳さんがいたずらっぽい目でニヤリと言ったので、あ、企んでいいんだ!と思ってしまいました。

ということで企んで持ち込みました。

古柳さんはあさってからメキシコ公演だというのに。話してるそばからそれを汲み取るのと展開させるスピードが速い速い。

そんなにいとも簡単に決めていいんですか?と気持ち良くなるくらいです。

でもこの感覚が舞台づくりに生きてくるんですよね。先日市川染五郎さんと急にやることになって半分しか内容知らないのに舞台に出た話を聞きました。終わり方知らないってすごすぎる。芝居で。笑

この舞台にかかせないもう一つの人材探しはこれからです。

写真は先日おとなの日経OFFという雑誌に古柳さんが掲載されていたので持っていってサインなんかしてもらいました。サインなんかしてどうすんのよ〜?慣れてないよこんなの。と笑いながらしてくれました。笑

20141009-190707.jpg

20141009-190721.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui