馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 もう一人のわたし- 2016/07/07 -

Category : BLOG

〜東京都美術館〜
肖像画家の益子学司さんの作品「奏風」
見てきました^ ^
思いの外大きくて、会場に入ってすぐにあったのでびっくり。
お知らせしないでお邪魔して、お昼ご飯に行く途中の益子さんと偶然会えました。

今年の棚田コンサートにも来てくださり、また描いていただけるかもしれません。
お父さまも肖像画家で二代目だそうです。

白黒の肖像画もあり、白黒で描ける人は珍しいそうです。
なんでも昔お父さまの時代には、亡くなった方がいると、当時写真が珍しい時代だったので、葬式用に間に合うように1日で肖像画を仕上げたらしいです。

今でもその地域の家にはお父さまが描いた肖像画が飾ってあるそうです。
展示期間中、会場にいらっしゃった方も棚田コンサートに興味を持たれたようで、棚田の宣伝を沢山してくださいました。
実は、当初男性の馬頭琴奏者を描いていたそうで、その途中に棚田コンサートの新聞記事と写真を見て、コンサートにいらっしゃり、その絵を塗り潰しでこの絵になったんだそうで。。
私、ラッキーでした!
今年の棚田コンサートは10月16日です。
栃木県那珂川町梅平、山の棚田 11時より。
馬頭琴 美炎

キーボード 竹井美子

ドラム・パーカッション 前田仁

   
    
 
originalsong

Polaris

Polaris
〜今後の主な出演予定〜

6/7〜7/19東京音大短期講座

7/9 千葉県八街市風の村ロッジライブ

7/10 赤坂ビーフラットゲスト出演

7/16 千葉本円寺コンサート15時より

7/22東京都教職員レクチャーコンサート
8/5小淵沢オオムラサキセンターライブ

8/6〜8兵庫アースイベント出演他岡山ツアー

8/8岡山牛窓てれやカフェ19時〜

8/20.21 湯河原

8/27 清里コンサート
9/16千葉市民会館レクチャーコンサート

9/18 千葉茂原まことの里満月コンサート

9/22 千葉市原宝積寺コンサート

9/24〜27 高知県コンサート
10/7.8.9 大阪伊丹四次元ステージゲスト出演

10/16 栃木県那珂川町山の棚田コンサート

10/23 街かどカフェオープニング演奏

11/4千葉市内幼稚園演奏

11/15杉並区コンサート

11/18〜23九州大分コンサート

 Arizonaでダンス!- 2016/07/05 -

Category : BLOG

ダンスdanceダンス!

遠野から帰ってきて、とあるメロディーが浮かび、見えてくる景色がなぜかArizona。

「dance in Arizona」

という曲として完成。

「Arizonaで踊ろう!」

ダンスしたくなるような曲です。

Arizonaの砂漠の上で、トカゲと?プレーリードッグと?友達と、恋人と、誰とでも♪

Arizonaといえばネイティヴアメリカン。

Arizonaのセドナへ行った時に手に入れたインディアンフルート。

ハイキング用の小さい高い音の。

でもしっかりインディアンフルートの音色がする。

試しに合わせたら、なんとキーがぴったりだった。

これは吹いちゃおう♪♪♪

7/9のライブにゃ間に合うかな。

スイスへ行って、同行していた純姫さんにも、大使夫人の美代子さんにも、スイスの曲できそう?

もうできたかしら?と何度か聞かれたのですが、だいたいにおいて、忘れた頃にできます。

それも、あれ?これ?みたいにして。

スイスだからてっきり牧歌的か雄大な曲ができるかと思いきや、なんかロック。

いちよう自分ではロックぽい曲ができたなというのでは、ホワイトバッファローの伝説の曲集の中の、「欲望」と、CDファイブエレメントジャーニーの中の「レッドロックスピリット」に引き続き今回が三曲目。

題名はこれからつけます。

どこの演奏会でお披露目できるか未定ですが、おそらく夏の岡山行き、牛窓のてれやカフェがぴったりかな。

ここではぜひ店主のヒロシさんにギターで入ってもらいましょう!
また美炎さんの無茶振りってヒロシさんの声が聞こえそう。。

「8/8岡山牛窓てれやカフェ19時〜」
馬頭琴 美炎

キーボード 竹井美子

パーカッション 前田仁

ゲストギター小林浩志

  

originalsong

Polarishttps://m.youtube.com/watch?v=z9D0sCIui9M

馬頭琴 美炎

キーボード 竹井美子

ドラム 前田仁

  

 ゼロ- 2016/07/03 -

Category : BLOG

ゼロ

海辺に立つ。

小雨がぱらついている空は真っ白で海との境界線が無い。

風がその奥から止まることなく吹いてきて、砂浜にしっかり立っていないとふらつきそうだ。

荒浜。

はじめてきた。

高速のインターを降りると、どこも更地であちこちで工事中。

仙台の帰りに海辺に寄った。

目を瞑る。

なぜか太陽の光を感じる。

振り返ると震災のあの時から、私は音楽という仕事に覚悟を持てるようになった。

それなのに時たま感謝を忘れる。

自分はどんなに進もうと、立っている場所はこのゼロだ。

向かい合う人もどこにいようと同じ地平に立っている。

それを忘れないように。

荒浜で思う。

一曲弾いた。

湿気と向かい風で音は出なくても、弾きたいと思った。

なぜか弾くだに音が響いてくる。

誰かが力を貸してくれている。

そんな感覚があった。

.

.

ガラス絵作家の児玉房子さんの本を読んだ。

手放すと入ってくるものがある。

放したくないと思っているうちは余計な力が入り、感覚が鈍る。

もともと無い。

と思うようにすると、余計な力が抜けて、感覚が鋭くなる。

すると、今、何をしたらいいかわかる。

そしてそれだけすればいい。

  
 
先日のスイスでの旅模様。

同行してくださった、純姫さんのブログより、コンサートの模様。

スイスコンサート

 トリオ- 2016/07/01 -

Category : BLOG

5月、6月と千葉市内の幼稚園を三箇所まわり、馬頭琴美炎トリオで演奏してきました。

  

前半は馬頭琴楽曲でしっとりした曲も、馬の駆ける楽しいリズミカルな曲も演奏。

後半は

楽器紹介コーナーでは、いろいろ工夫をこらして、リクエスト曲も織り交ぜながら

   
    
    
 
こんな感じでやっております。
保育園、幼稚園、学校、病院、施設等様々な場所で演奏しています。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

馬頭琴 美炎

ピアノ・キーボード 竹井美子

ドラム・パーカッション 前田仁

 最後のチャンス- 2016/06/30 -

Category : BLOG

先日、来月のライブの打ち合わせに行きました。
庭の手入れもされ、様々な花が咲き、奥の草地には囲いの中でヤギが二頭草を食んでいるのどかな場所です。


当日のライブを心待ちにしてくれて、沢山の人に声をかけてくれたり、前々回のライブよりお手伝いをいろいろしてくださっていた方が急逝されて、私も、同じくライブ企画者も茫然としてしまいました。


私も喫茶店でたまった事務作業をたまにするのですが、ここのスタッフもしていてた彼は蓮の種を発芽させたのを見せてくれて、これをもうすぐ池に移し替えて花を咲かせるんだと笑顔で話していました。


この場所は景観も雰囲気もとてもよく、喫茶店は私もよく利用していますが、交通手段に乏しく、田舎にあるため、喫茶店を広く知ってもらうためにもライブを企画しています。


彼も喫茶店にお客様が見えるたびに、馬頭琴の話をしてくれていて、随分と沢山の方に広めてくれていたようです。


そのためでしょう、定員の倍のお申し込みがあったため、急遽椅子席のみにして、もうすでにキャンセル待ちになっていますが、まだお問い合わせをいただいているようです。


私はこの仕事をしていて、気持ちや想いを音にのせることができる幸運をかみしめています。


言葉にならない言葉や想い。


涙にならない涙や、怒りも全て音にかえる。


最後に会ったのはスイスへ行く少し前でした。

またお会いしましたね。というような微笑みを浮かべてお互い少しはにかんだような笑顔だけを交わしました。
あの時なぜお礼を言わなかったのだろう。

あの時、彼は何か言いたそうではなかったのか、なぜ話しかけなかったのかとも思いますが、もしこれが最後だとわかっていたなら、一体何を言葉にできるのだろうか?


言葉にならないことがあるから、あの笑顔を交わしたのが最後だったのだと思います。
演奏活動をしていると、懐かしい人が訪ねてくれたり、はじめてお会いする方々にも沢山の出会いがあります。


時には聞きに来てくれた後で、あれが最後だったと知ることもあります。


音楽を通しての出会いは、これが最初で最後だと、たった一度きりのチャンスなんだと改めて気づかされました。


改めて、目に見えない存在にも、またこの音楽会という場によってできる、様々な人のご縁や繋がりを感じながら

音楽を楽しみたいと思います。

  

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui