馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト

 読書の時間- 2016/04/04 -

Category : BLOG

信長読み終わって、今日はやっと秀吉読み終わり、

次は家康だー。

司馬遼太郎の本だと、戦国時代の話がちゃんと入ってくる。

他の本はほとんど頭に入らず、誰が誰で時系列がどうなってるのか、さっぱり分からなくて、堂々巡り。
司馬遼太郎

「私の小説というのは、初めから、外国人に読ませようと思って書いたんですから。『外国人』というのはつまり特定の外国人じゃなくて、日本人であってもいいのですけど外国人的な、つまり日本歴史について何の知識もない人に、それが読者なんだと思うところから出発しますから、『義経は』といったらすぐ打てば響くような読者を想定して書いた作品はないと思うのです。」

とありました。

なるほどだからだ。

私常識的にはほとんど外国人ですもの。

そして舞台の場所。現地に行く。

その土地に行って、その土地の空気を吸うと、思いもかけないことがわかるのだという。

その姿勢ってすごく共感できる。

私も色んなことを知りたい。

それにいろんな人の話を聞きたいし、いろんなものを見て、いろんなも場所に行きたい。

そして知ったことも、経験したことも、感じたことも、わからなかったことも。

ただそのままにする。

きっとそれが何かの折にふと繋がることがある。

そしてどこかで一段深い理解へとつながり、その理解は、感じにも繋がり、作品へと生きてくる。

きっとそういうものだ。

今度の岡山への車の往復も、あ、ここはあの場面に出てくるあそこか〜って、楽しみになってくる。

今回の岡山行きでは、ライブの他に、劇団四次元ステージさんとの新しい出会いと、そのあとは一回行ってみたいと思っているところへ足を伸ばしてみようと思っています。

しかし戦国時代の武将達の男気はすごいなー。武家の女性も強いよね。

強くなろうと思った時期があった。

なれるだけ強くなろう。

今もそうかもしれないな。

私がなりたい強さは、ブレないこと。

覚悟ができてるってこと。

  

 琴つながり- 2016/04/03 -

Category : BLOG

久しぶりの銀座。

久しぶりの電車。

花見へ行く人で賑わっている。

着物の人もちらほら。

いいな〜春。

今日はハープの中村愛さんのCD「風と愛」

発売イベント。

改めてハープと共演できる幸せを噛み締めたひと時。

作曲家が三人も会場で自作の解説。

その後愛さんが演奏。

お客としてはすごーく贅沢な内容で面白かった♪

チラシより拝借しました。

ポスターを撮ればよかったな。

ある意味同じテーマから違う人が曲を作る。

それを聞き比べる。

そういえば、私も田口ランディさんの詩から作ったメロディー。こうふくのしま。

他の方々のメロディーと聞き比べて、なかなかそんな機会もないので、とても面白いなと思いました。

とにかくどれも違うことは確か。

不思議なことになんか聞いてその人がおぼろげながらわかる気がします。

音楽ってこわい!
表現であるかぎりは、やはり伝えるだけではなく、伝わっちゃうんですね。。

  

数年前に愛さんから馬頭琴とやりたいと声をかけていただき、アルパ奏者の池山由香さんとともに何度か三人で演奏したこともありました。

あまり華やかという印象のない馬頭琴において、この二人の若く美しい竪琴奏者に囲まれて両手に花で演奏できる。

お客さんもその意外性と様々な音の重なりに喜んでくださいます。

彼女たちとはまだ先ですが、8月27日に清里でコンサートがあります。

  
ちなみに右端の楽器がアルパです。

 星をみつける- 2016/04/01 -

Category : BLOG

夕方から急に冷え込みましたが、千葉市内も桜満開に。

  
新しい曲のメロディーができて、それをまだ馬頭琴で弾いてみてなくて、伴奏もつけてなくて、でも自分の中には確かな感覚としてその曲はもう存在していて、でもまだ手にしていない時のこのひと時がとても愛おしいものなんだな。

まだ見つけていない星を探してるみたいな。

美炎さんオリジナル曲を弾いてるのは面白いですね。民族楽器で珍しいですね。

とたまに言われます。

はたと考える。

モンゴルの民族楽器。

民族楽器はその地と歴史とが生み出したもの。

民謡はその楽器のルーツそのもので、それを知らなくては元も子もない。

根元がないまま葉は茂らず、実もならない。

そう思うから、初めの何年かはただただ民謡の習得に力を入れて、何も考えず、ひたすら。

そのうち自分の中にある表現欲を舞台という場に出す機会が増えていくにつれ、逆に、馬頭琴をモンゴルの民族楽器で終わらせたくない。そんな想いと、自分の表現欲が合わさったのでしょうね。

私にとって曲を作るというのはごく自然なことで、ひょっとすると、演奏するよりも好きで、大事なんじゃないかと思うこともある。

でも、やはりその曲を自分の馬頭琴を通すことではじめて生きる。

そんな曲をつくるということと、弾くということが一心同体。

もはや馬頭琴は私の声で私の身体。

そしてまだ私に届いてない未知なる曲たちがこの空のどこかに見つけてもらうのを待っている。

私はそう思っています。

そしてそれがどこかの誰かの心に届くまで、どんな偶然をかいくぐり、出会うことができるのか。

そんな素敵な必然をこれからの人生の中でいくつ作り出すことができるか。

 いちごやらさくらやら- 2016/03/31 -

Category : BLOG

ビア・ソーセージ祭りも、この陽気になると、待ってました!という時期がやってきました^ ^

はい。本日マザー牧場演奏。

ソフトクリームも、列ができていて、先日、次回は食べる!と決めていた、牧場産のイチゴとイチゴソースと、牧場自慢のミルクプリンも入っているというソフトクリームです。

  
欲張りですね。。

これ、本当に美味しかったです!もちろん牧場産のイチゴなので、今期限定!4月いっぱいかもしれません!!

牧場スタッフ、いつもお世話になっているチャーリー君に、あのね、たまに園内歩いてると、エンターテインメント科のボス、喜多見さんがソフトクリーム券を、くれる時があるんですが、あれは、喜多見さんの印籠のようなものですか?
あ、それ、僕も持ってるかもしれません。

あ、あった!どうぞ!

と胸ポケットから出てくるソフトクリーム券。

これでも、自腹ですよ。

あ、そうなんだ、じゃあチャーリー君のおごりだね。ありがとうございます。

とおしいただきました。

牧場の若いスタッフの方々、皆さん本当に素直で働き者です。

寒〜い中では足を止めて演奏をきいていただくのさえ、申し訳ないような寒さですが、この陽気だと、逆にリハーサルの時に油断して思い切りスッピンでしたが、ステージにお客様が集まってしまって、熱心に聞いてくださるので、ちゃんと演奏しながら、あーーー( ̄▽ ̄)と思っていました。

  
毎回演奏の後に山の上レストランで食事をご馳走になるのですが、ここのソーセージは本当にオススメです。

そして何よりどこへ行ってもこの眺め。。

今日は海が光っている。

  
昨日は宮地楽器、渋谷の桜丘の桜坂の桜が、満開!

  
木の根元にはクリスマスローズが満開です。

  
皆さん気づかないけど。

教室に入ってくる生徒さんにも、いちいち、クリスマスローズも満開なんです!

帰りに見てくださいね!

東京の方がやはり開花早いですね。千葉市内まだです。

いちごやらさくらやら、春のお知らせでした。

次回マザー牧場は4月9日です^ ^

演奏してない時は、ふと気付いて、近くにいる方に写真撮ってもらうんですけど、肝心の演奏の写真。

次回は撮りたいと思っています!

 四次元ポケット- 2016/03/29 -

Category : BLOG

八ヶ岳での演奏を聞いてくれた方から、ブログで馬のことを書いたのを読んでメッセージと写真を送ってくれました。

  
その日に乗馬クラブへ行ってみたときの帰りに空に浮かんでいた走るお馬さん🐴

私も以前モンゴルの草原でどこからどう見ても大きなフクロウが両方の翼を広げて山の上にかかってる雲を見たことがありました。

一枚一枚の羽根もはっきりあって、おまけに二重の虹がかかっていて、今みたいに携帯もなく、カメラももっていなくて、ただあっけにとられてみていました。

今日は友人が集まって持ち寄りパーティー。

ポットラックパーティーと言うそうです。

  
焼きたてのポップオーバー。

料理上手な友人が沢山いると幸せだ。

4月の真ん中に岡山と神戸でライブがあります。

   
 
神戸の方はパーカッションの前田仁さんもご一緒です。

17日日曜日には、西宮で10月に劇団四次元ステージさんの劇で馬頭琴を演奏することになり、その初顔合わせです。

楽しみだな〜

何かを創る。そんなことに参加できるのはとてもありがたいです。

Copyright © 2018 馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイト. | Creative by Works-Yui